2024.01.26

家を売っても住める制度ってあるの!?リースバックについて解説します!

Category

コラム

Tags

今回の記事では家を売っても住むことができる、リースバックという制度を紹介していきます。資金調達したいけど、家は売りたくないという人にはオススメの記事になっています。

リースバックを使えば家を売っても住める!

リースバックとは、自宅を不動産会社などに売却し、その売却先から家賃を払いながらそのまま住み続ける仕組みです。自宅を売却して住み替えたいけど、住み慣れた家を手放したくない人には、リースバックがオススメの売却方法です。

リースバックのメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

①売却代金を得て、引っ越しやその他の費用に充てることができる

リースバックを利用すれば、自宅の売却代金を一括で手にすることができます。この売却代金は、住宅ローンの返済や、新居の購入、老後の資金など、さまざまな用途に充てることができます。

具体的には、以下の用途に利用することができます。

  • 住宅ローンの返済
  • 新居の購入
  • 老後の資金
  • 相続対策
  • 事業資金
  • 住み慣れた家に住み続けることができる

リースバックを利用すれば、住み慣れた家にそのまま住み続けることができます。引っ越しの手間や費用がかからないため、特に高齢者や子育て世帯など、引っ越しが難しい人にとってはメリットとなります。

②将来的に買い戻すことができる

リースバック契約には、買い戻し特約が付帯されている場合が多くあります。買い戻し特約とは、一定の条件を満たすことで、売却した自宅を買い戻すことができる権利です。この権利を利用すれば、将来的に自宅の所有権を取り戻すことも可能です。

売却代金を得るメリット

リースバックを利用すれば、自宅の売却代金を一括で手にすることができます。この売却代金は、住宅ローンの返済や、新居の購入、老後の資金など、さまざまな用途に充てることができます。

特に、住宅ローンの返済に困っている場合に、リースバックは有効な手段となります。住宅ローンの返済額を減らすことで、家計の負担を軽減することができます。

また、新居の購入資金に充てることもできます。リースバックで得た売却代金を新居の頭金に充てることで、住宅ローンの借入額を減らすことができます。

③老後の資金に充てることもできる

リースバックで得た売却代金を老後の生活資金に充てることで、老後の生活を安心して送ることができます。

住み慣れた家に住み続けるメリット

リースバックを利用すれば、住み慣れた家にそのまま住み続けることができます。引っ越しの手間や費用がかからないため、特に高齢者や子育て世帯など、引っ越しが難しい人にとってはメリットとなります。

高齢者の場合、引っ越しをすると、新しい環境に慣れるのに時間がかかったり、体調を崩したりするリスクがあります。また、子育て世帯の場合、引っ越しをすると、子供の学校や保育園の転園や、新しい友達や先生との出会いなど、新たな環境への適応に苦労する可能性があります。

将来的に買い戻すメリット

リースバック契約には、買い戻し特約が付帯されている場合が多くあります。買い戻し特約とは、一定の条件を満たすことで、売却した自宅を買い戻すことができる権利です。この権利を利用すれば、将来的に自宅の所有権を取り戻すことも可能です。

買い戻し特約の条件は、業者によって異なりますが、一般的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 一定期間内に買い戻し申し込みを行うこと
  • 買い戻し費用を用意できること

買い戻し特約があると、将来的に自宅を買い戻したい場合に、買い戻しがしやすくなります。

デメリットもしっかり押さえよう!

リースバックはメリットも多いですが、デメリットも存在します。

リースバックのデメリットは、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

1.     家賃が発生する

2.     買い戻しには条件がある

①家賃が発生する

リースバックを利用すれば、自宅の所有権は失うため、家賃を支払う必要があります。家賃は、ローンの残債や諸費用を踏まえて設定されるため、一般的な賃貸物件よりも高くなる傾向があります。

リースバックで発生する家賃は、以下の要因によって決まります。

  • 自宅の評価額
  • ローンの残債
  • 諸費用
  • リースバック業者の利益

一般的に、自宅の評価額が高く、ローンの残債が多いほど、家賃は高くなります。また、リースバック業者の利益を高く設定している業者ほど、家賃は高くなります。リースバックを利用する場合、家賃が発生することを十分に理解した上で、支払い可能な家賃額を把握しておくことが大切です。

②買い戻しには条件がある

リースバック契約には、買い戻し特約が付帯されている場合が多くあります。買い戻し特約とは、一定の条件を満たすことで、売却した自宅を買い戻すことができる権利です。買い戻し特約の条件は、業者によって異なりますが、一般的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 一定期間内に買い戻し申し込みを行うこと
  • 買い戻し費用を用意できること

買い戻し特約があっても、条件を満たせない場合、買い戻しができません。

また、買い戻し費用は、ローンの残債や諸費用に加えて、リースバック業者の利益も含まれるため、高額になる可能性があります。

リースバックを利用する場合、買い戻し特約の条件を十分に理解した上で、買い戻しが可能かどうかを検討することが大切です。

リースバックは、家を売っても住み続けたいという人におすすめの売却方法ですが、家賃が発生したり、買い戻しには条件があったりするデメリットもあるため、利用を検討する際には、メリットとデメリットをよく理解した上で判断することが大切です。

デメリットを最小限にするには

リースバックのデメリットを最小限にするためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

家賃相場を把握する

リースバックで発生する家賃は、一般的な賃貸物件よりも高くなる傾向があります。事前に家賃相場を把握しておくことで、後悔を防ぐことができます。

買い戻し特約の条件を確認する

買い戻し特約が付帯されている場合でも、買い戻しには条件が設けられています。買い戻しを検討している場合は、あらかじめ条件を確認しておきましょう。

リースバック業者の選び方

リースバック業者は、さまざまな会社が存在します。契約前に、複数の業者を比較検討して、自分に合った業者を選ぶことが大切です。

家賃相場を把握する

一般的に、自宅の評価額が高く、ローンの残債が多いほど、家賃は高くなります。また、リースバック業者の利益を高く設定している業者ほど、家賃は高くなります。

リースバックを利用する場合、家賃が発生することを十分に理解した上で、支払い可能な家賃額を把握しておくことが大切です。

家賃相場を把握するには、以下の方法があります。

  • 不動産会社に問い合わせる
  • インターネットで調べる
  • 周辺の賃貸物件を調べる

買い戻し特約の条件を確認する

買い戻し特約が付帯されている場合でも、買い戻しには条件が設けられています。買い戻しを検討している場合は、あらかじめ条件を確認しておきましょう。

買い戻し特約の条件は、業者によって異なりますが、一般的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 一定期間内に買い戻し申し込みを行うこと
  • 買い戻し費用を用意できること

買い戻し特約があっても、条件を満たせない場合、買い戻しができません。

また、買い戻し費用は、ローンの残債や諸費用に加えて、リースバック業者の利益も含まれるため、高額になる可能性があります。

リースバック業者の選び方

リースバック業者は、さまざまな会社が存在します。契約前に、複数の業者を比較検討して、自分に合った業者を選ぶことが大切です。

リースバック業者を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 実績が豊富な業者を選ぶ
  • 手数料や報酬が明確な業者を選ぶ
  • 顧客対応が丁寧な業者を選ぶ

また、リースバック業者と契約する際には、必ず契約書をよく確認して、不明な点は質問するようにしましょう。

リースバックの今後

リースバックは、近年利用が拡大している売却方法です。今後も、高齢化や相続問題の増加などにより、リースバックの需要は高まっていくと考えられます。

リースバックの今後について、以下の3つのポイントが挙げられます。

高齢者層の利用増加

日本は、少子高齢化が進んでおり、2025年には人口の約3割が65歳以上になると予測されています。高齢化に伴い、住宅ローンの返済が困難になったり、老後の資金が不足したりする高齢者が増えることが予想されます。そのため、リースバックを利用することで、住み慣れた家に住み続けながら、資金を手にすることができる高齢者層の利用が増加していくと考えられます。

相続問題の解決手段としての利用

相続問題も、リースバックの需要を高める要因の一つです。相続では、相続人同士の意見が食い違い、相続が円滑に進まないケースが少なくありません。また、相続財産に自宅がある場合、相続税の負担も大きな問題となります。リースバックを利用することで、相続人同士の意見を調整しながら、自宅を売却し、相続税の負担を軽減することができるため、相続問題の解決手段として利用されるケースが増えていくと考えられます。

リースバック業者の増加

リースバック市場の拡大に伴い、リースバック業者が増加していくと考えられます。リースバック業者が増えることで、利用者はより多くの業者から比較検討できるようになり、自分に合った業者を選ぶことができるようになります。また、リースバックの利用条件やサービス内容も、より多様化していくと考えられます。リースバックは、家を売っても住み続けたいという人におすすめの売却方法です。今後も、高齢化や相続問題の増加などにより、リースバックの需要は高まっていくと考えられます。

まとめ

いかがでしょうか、リースバック業者は、さまざまな会社が存在します。契約前に、複数の業者を比較検討して、自分に合った業者を選ぶことが大切です。リースバックは、家を売っても住み続けたいという人におすすめの売却方法です。しかし、デメリットも理解した上で利用を検討することが大切です。リースバックは、家を売却することで売却代金を手にしながら、住み慣れた家にそのまま住み続けられるというメリットがあります。しかし、家賃が発生したり、買い戻しには条件があったりするデメリットもあるため、利用を検討する際には、メリットとデメリットをよく理解した上で判断することが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。