2024.01.26

自宅を変えずに家を売れるリースバックをオススメの業者と一緒に紹介住む場所を変えずに家を売却できるリースバック

Category

コラム

Tags

家を売りたいけど、住む場所を変えたくないという方にオススメするのがリースバックです。この記事ではリースバックのメリットや、家がどれくらいの値段で売れるのかなどについて紹介していきます。また、オススメのリースバック業者3選や、よいリースバック業者の特徴についてもお伝えします。リースバックをしてみたいと思ってもどの業者がいいか分からないという人はぜひ参考にしてみてください。

住む場所を変えずに家を売却できるリースバックの魅力

リースバックに関するメリットはいくつかありますが、その中でも住む場所を変えなくていいというのが最大のメリットと考える人も多いのではないでしょうか。ここでは、住む場所を変えないからこそのメリットを紹介します。

引っ越しが必要ない

リースバックは引っ越しが必要ありません。普通の売却では家を売った後には家を引っ越す必要があります。引っ越しをしないことにより買い物をする場所を変える必要がないことや慣れ親しんだ人と別れる必要がありません。また、引っ越した際に新しい土地に慣れるまでの精神的な負担などがなくなるというメリットがあります。そして、リースバックは元の家に住み続けるため新しい家を探す必要もありませんし、引っ越しにかかる費用も時間も削減できます。

近所の人に知られず売却できる

リースバックは業者が家を買い取るために販売活動が行われないということが特徴にあります。家を売りたいけど、近所の人には知られたくないという人にはオススメできます。

このように、リースバックには引っ越しをする必要のないからこそのメリットがあります。他にも、自宅を賃貸にすることによって、自宅の維持費や保険料を安くできる、災害や地価の変動などの自宅を持っているからこそあるリスクを避けられる、1度に大きなお金を手に入れられるなどのメリットがあります。

リースバックの売却平均価格は?

リースバックを考えても、売却価格や、かかる費用や、失敗しないポイントなどさまざまな不安があるという人も多いと思います。ここでは、リースバックの売却平均価格やその後の家賃などを紹介します。

リースバックの売却平均価格

リースパックの売却平均価格は仲介市場価格の6-8割と言われています。このような範囲の価格になるのは、リースバック業者が物件の維持費や運用にかかる費用を確保し、リスクを軽減するためです。リースバックの売却価格は普通に家を売るより安くなります。その理由としては、リースバックの物件を買い取るのが不動産会社だからです。住人が家を手放した時にはリースバック業者がリフォームしてもう一度売りに出します。リフォーム代のために普通に家を売るより安くなるのです。住む場所によって相場価格には差があります。人口が多い場所や利便性がいい場所は売却価格が高くなります。そして、築年数が浅い物件ほど高く売却される傾向があります。しかし、ある一定の年数を超えると価格は安定してくることが多いです。

その後の家賃について

リースバックで売却価格と同じくらい大事になってくるのが家賃です。売却価格が高ければ良いと思う方もいると思いますが、ここには一つ落とし穴が存在します。それは、売却価格が高くなればなるほど家賃が高くなり、売却価格が低ければ家賃が安くなるという事です。家賃が高すぎるとその後支払いが難しくなることもあります。家賃も、売却価格と同様に、築年数や利便性の良さ、その地域の人口などが大きく関わってきます。それに加えて、家賃の設定には利回りが重要な点になります。一般的に利回り7-10%の間で設定される事が多いです。

より良いリースバックにするためのポイント

リースバックは1度に大金が動くので失敗したくないと考える人も多いと思います。後悔のないリースバックをするためのポイントを紹介します。

見積もりをいくつかの業者にお願いする

一つの業者だけに見積もりを出してしまうと、本当にその業者が提案する家賃や売却価格が適切なのかという事が判断できません。また、たくさんの業者に見積もりを出すことによって最もよい条件の業者にリースバックを依頼できます。売却価格などが適切かそして、1番良い条件で取引するためにもたくさんの業者に見積もりを出すことがポイントです。

契約内容をよく確認する

リースバックには契約方法や契約期間など確認する項目がたくさんあります。専門用語も多いことにより、契約書をきちんと確認しないままサインしてしまったということもあります。その結果家の修繕費をどちらが持つかや契約期間などでトラブルになることがあります。トラブルを防ぐために、契約書を一つひとつきちんと確認することは必須になってきます。

良いリースバック業者とは?

リースバック業者に相談したいと思っても、どんな業者がいいのかが分からない。そんな疑問をなくすために良いリースバック業者の特徴をいくつかお伝えします。

売却額や契約方法など希望の条件をいえる

リースバックをしたいと思ったときに、希望の売却額や住める期間などさまざまな希望があると思います。具体的には、一定の期間が終わると、リースバック業者が再契約を更新しない限り住人は退去する必要がある「定期借家契約」より、賃貸借や契約が更新できる「普通賃貸借契約」の方がいいなという希望などです。また、敷金、礼金が出来る限り住人に負担がない業者の方が住人には良い条件になります。自分の希望と違った場合にも、融通が利く様に対応できる業者がいい業者だといえると思います。

担当してくれる人の対応がいい

リースバックは担当者と一つひとつ話し合って決めることになります。また、契約書などは専門用語が多く、読むのが難解なこともあります。なので、疑問もたくさん出てくると思います。このような時に、丁寧に答えてくれたり、疑問に素早く答えてくれたりなどしてくれる業者は良い業者といえると思います。また、リースバックは何社にも見積もりを出すことが多いので、契約を無理強いしない業者もいい業者といえると思います。大きい業者の場合は、1人で何件も対応する必要がありますが、そこまで大きくない業者はひとりあたりの件数が少ないため丁寧な対応な時もあります。

家主にとって良い条件を提示してくれる業者

リースバックには売却価格、家賃、契約期間、買戻しができるかどうかなどのさまざまな条件があります。これらの条件が良い業者は良い業者だといえると思います。リースバックの売却か価格は家の市場価格の6-8割だといわれています。契約する時に売却価格があまりに安い業者や家賃が高すぎる業者には注意しましょう。

信頼が置けること

信頼度が高い業者は良い業者と言えると思います。たくさんの人が使っていることや実績があること、知名度は信頼度を評価するために重要な点になってくると思います。また、たくさんの人が使っているということはサービスなどの質がいいということの判断材料にもなります。もし、リースバック業者が倒産するようなことがあると、家を勝手に売られてしまったということに繋がることもあります。そのようなことを防ぐには、事業が安定しており、たくさんの人が使っている大手のリースバック業者を選ぶと良いです。

大手のリースバック業者を紹介

リースバックする時に安心の置ける大手のリースバック業者を3つ紹介します。

株式会社ハウスドゥ

初めに紹介するのは全国ネットワーク696店舗と色々な場所で素早い対応が可能な株式会社ハウスドゥです。この会社は2022年7月の「ハウス・リースバック満足度評価調査」によると顧客満足度94.6%と高い満足度になっています。家を買い戻しできる期間制限がありません。買戻しは絶対ではありません。また、24時間いつでも無料相談ができます。ただし、土日祝日も時間が短縮されます。最大の特徴は賃貸借契約が家主の希望で決められることです。いつまでという制限がないため、家賃を払い続けると元の家に住み続けられます。他にも、現金化までの時間は一般的に40日で最短5日と短時間で現金化できたり、65歳以上の単身のお客様には。定期的な訪問や毎朝の電話などサービスも手厚いです。

リースバックプラス

次に紹介するのは一建設株式会社が提供しているリースバックプラスというサービスです。自宅の買戻しを必ずしたいと考えている方にとくにオススメできるサービスです。

このサービスは大きく2つのプランに分かれています。1つ目は標準プランです。自宅を売りたいと思っても、お子さんがいる場合は、引っ越しが難しいなどの悩みを持っている方にオススメします。自宅を賃貸にした後は一般的には売却価格より、再購入価格が高くなります。しかし、リースバックプラスの標準プランでは、自宅に住み続けるほど、売却額まで値段が下がっていきます。これは、リースバック業界初の取り組みです。また、もう1つ業界初の取り組みとして、売却して3年目以降には、一建設株式会社の新築の家に引っ越せます。そして、その費用は会社が負担してくれるという嬉しい特典がついています。さらには、敷金、礼金、更新料などが無料なことにより、負担が軽減できます。2つ目は賃料優遇タイプです。これは、こと業などで一時的にまとまったお金が必要な方にオススメです。このプランの最大の特徴は、最大1年間賃料が無料だということです。賃料がいらないために、まとまったお金を最大限こと業などに使えます。また、家主が退去した際には、リースバック会社が家を売ることになります。その時に買い取り額と企業利益を足したキャッシュバック基準額と言います。売却額がキャッシュバック基準額より高かった場合、利益の一部を家主にキャッシュバックしています。そして、普通プランと同じように、敷金礼金などの費用が不要です。

SBIスマイル株式会社

最後に紹介するのは、SBI株式会社が提供している「ずっと住まいる」というサービスです。SBIスマイル株式会社はマンションのリースバックを専門に10年以上の実績と累計14.000件以上の取引件数があります。もちろんマンションだけではなく、一軒家のリースバックも対応しています。全国に対応していて、経験豊富なスタッフが対応してくれることで安心感もあります。個人に合わせた契約期間にでき、短い期間から期間を定めない契約までさまざまあります。相談・査定・仲介手数料が無料です。賃貸期間中は、70歳以上でひとり暮らしの方にはHOME ALSOK みまもりサポートを無料で利用できます。そして、リースバックをする時には、売却価格によっては、住宅ローンの完済が出来なくなったり、家賃が高すぎたりということがあります。このような時にも、適切な売却方法を提案してくれるなどサポートも充実しています。

まとめ

 この記事では、住みながら家を売却できるという魅力があるリースバックについて紹介しました。また、リースバックで大事になってくる家賃や、売却価格の参考値、後悔のないリースバックにするためのポイントもお伝えしました。すぐに現金がほしいからという理由だけで契約所をよく読まない、一つの業者にしか見積もりを出さないのではなく、時間をかけて丁寧に取引することが大切になってくると思います。この記事を読むことによって、少しでもリースバック業者を選ぶ参考になれば嬉しいです。最後までお読みくださりありがとうございました。

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。