2023.10.18

神奈川県に住んでいる人は今すぐリースバックを検討すべき!

Category

関東

Tags

この記事を見ているあなたが神奈川県で不動産を所有しているのであれば、リースバックを検討してみてはいかがでしょうか。神奈川県の不動産需要は年々高まっており、他の自治体よりも売却価格が高くなる傾向にあります。人口増加も著しい神奈川県でリースバックして、数千万円のまとまった資金を手に入れ、老後の資金源にしましょう。神奈川県の概要や、神奈川県の不動産情報に関しても分かりやすくまとめています。ぜひ最後までご覧ください。

リースバックとは何??

リースバックとは、自分が保有している不動産を売却した後、退去せずにそのまま住み続けられる不動産取引形態のことを指します。不動産業者やファイナンス会社、身内で買い取ってくれる人などに売却して現金を受け取り、取引相手との間で賃貸借契約を締結します。自分自身は所有者としての権利を失うことになりますが、これまで通り何も変わらず住み続けられるため、「今すぐに手元に現金を必要とする人」「引っ越ししたくないけどお金が欲しい」というような人に向いている不動産取引形態です。具体的には、ローンの支払いが困難である人、借金によって資金繰りがうまくいっていない人、老後の資金確保のためにお金が欲しい、子供の教育費が足りない人、などの人向けの取引形態となっています。単に不動産を売却するだけではなく、リースバックを利用すれば、引っ越しが不要であるため子供の教育に不便をきたすことはありませんし、愛着のある家から退去する必要もありません。リースバックは、どうしてもまとまった資金が欲しくなった人に向けた一つの選択肢として注目を集めています。ただし、すでにローンを滞納してしまっている人に関しては利用できないでしょう。その場合は、任意売却という方法で自宅を売却する必要があります。

似たような不動産取引形態に、リバースモーゲージという手法があります。リバースモーゲージは、所有している不動産を担保にして金融機関から融資を受ける方法で、所有者が死亡した後に売却し返済するという仕組みです。つまり、不動産を活用した資金調達方法であるということはリースバックと同じですが、「お金を借りるかどうか」「不動産の所有元が誰であるか」という点で大きく異なります。また、リースバックは全世代、誰でも利用できるサービスである一方で、リバースモーゲージは相続に関する問題に対して主に対応するシニア向けのサービスとなっています。

主に、リースバックを利用するメリットとしては、売却後もそのまま住み続けられる点、将来買戻しが可能な点、生活保護の申請ができるようになる点が挙げられます。第一に、売却後もそのまま住み続けられる点に関しては、リースバックの最大のメリットだと言えます。所有権が不動産業者やファイナンス会社に移り、固定資産税などのコストも抑えられます。毎月の支払いは家賃の支払いのみになるため、住み続けるハードルはそこまで高くないでしょう。第二に、将来買戻し買戻しが可能な点に関しては、通常の不動産売却とは大きく異なるメリットだと言えます。通常の不動産売却では、売却すると二度と手元に戻ってこないことが一般的です。しかし、リースバックであれば、取引相手との契約内容次第ではあるものの、愛着のある自宅を再度買い戻すことが可能になります。そのためには、事前に契約内容を確認しておき、買戻しオプションについての取り決めを明確にしておく必要があります。第三に、生活保護の申請ができる点に関しては、あまり知られていないリースバックのメリットではないでしょうか。基本的に、不動産を所有していれば生活保護を受けられません。しかし、リースバックに踏み切ることで、所有権が移るため生活保護の申請が可能になります。ただし、売却して得たお金が収入としてみなされると、根本的に生活保護支給の条件に引っ掛かり、申請が通らなくなる可能性があります。

一方、必ずしもリースバックはメリットだけの取引形態ではありません。デメリットや注意すべきポイントもあります。最も大きなデメリットとしては、家賃設定が高くなる点だと言えます。リースバック後の賃料は、一般的に「売却価格の10%前後」が相場だとされています(契約内容により異なる)。そのため、通常の家賃よりも高くなるケースが多く、月々の支払いがかえって高くなる可能性があるのです。例えば、自宅を2,000万円で売却した場合、200万円が一年間の家賃となります。12ヶ月換算すると、おおよそ月16万円の支払いになります。とくに今回紹介する神奈川県での家賃相場と比較すると、高くなってしまうケースが多くなるのではないでしょうか。月々の支払いを抑えたいと考えるならば、必然的に売却代金が安くなってしまいます。こうした塩梅を考えながら、リースバックを検討していてください。

神奈川県の概要

基本情報

神奈川県は、関東地方に位置する都道府県です。県庁所在地は横浜市で、都道府県の人口量でみると東京都に次いで日本2位の人口です。昼間人口、人口密度に関しては東京都、大阪府に次いで3位の都道府県です。神奈川県内の市町村の数は33であり、政令指定都市は全国で唯一3自治体あります(横浜市、川崎市、相模原市)。中核市は横須賀市、施行時特例市は小田原市、大和市、平塚市、厚木市、茅ヶ崎市の5自治体です。県内総生産は東京都、愛知県、大阪府に次ぐ4位に位置しており、日本の中でも非常に重要な立ち位置にある自治体です。

人口は9,233,545人(2023年7月)であり、日本の総人口の約7%を占めています。32年連続で転入数が転出数を上回っており、とくに横浜市では人口増加が続いています。商業の中心地は横浜市で、各業界の企業の進出が活発です。2021年の神奈川への本社移転数は320社を超え、東京都に次ぐ2位となっています。県東部の川崎市や横浜市では工業化と都市化が同時に進んでおり、京浜工業地帯の一角を形成しています。新都心の横浜みなとみらい21や赤レンガ倉庫、横浜中華街など、都市部(横浜市)の観光地だけではなく、箱根や江の島などのリゾート地にも恵まれており、日本全国から毎年観光客が多く訪れます。

その他各エリア紹介

横須賀市

横須賀市は、東京湾の南西に位置し、神奈川県の中でも住みやすく、自然豊かな自治体として有名です。海に面していることもあり、海水浴や磯遊びなどのアクティビティを楽しめます。横須賀市は交通の便が非常に優れています。生活必需品を購入できる施設や大型商業施設が徒歩圏内にあることが多く、移住先として注目されている自治体です。自然と都会的な暮らしのどちらも体験したい人にとっては魅力的な自治体だと言えます。

平塚市

平塚市は、非常に都会的な暮らしができる自治体です。商業施設が充実しており、ららぽーと湘南平塚、ラスカ平塚、紅谷パールロード商店街など、個性的で大きな商業施設が多く存在します。単身世帯や子育て世帯、シニア世帯にも人気のエリアです。JR東海道本線が走っているため、都心や横浜へ乗り継ぎなしでアクセス可能です。休日には熱海、小田原などのリゾート地へ足を運ぶ人も多いようです。

藤沢市

藤沢市は、横浜市と鎌倉市に隣接しています。駅周辺はにぎやかですが、駅から離れると海、山などの自然に囲まれた暮らしが可能です。駅から離れると閑静な住宅地も広がっています。町ぐるみでのパトロールや治安維持活動を積極的に行っているため、比較的治安が良く子育て世帯に人気のエリアとなっています。東京駅や新宿駅にも乗り継ぎなしでアクセスできるため、二拠点居住したい人にもオススメできるエリアです。

川崎市

川崎市は多摩川を挟んで東京都に隣接しています。川崎駅から東京駅まで約20分でアクセス可能であり、東京都で働く人のベッドタウンとして機能しています。川崎市は子育て世帯にとって非常に優しい自治体です。市内すべての小学校に無料で利用できる学童施設を設置しており、単身で子育てに励む家庭や共働き家庭の方が安心できる環境があります。かつては生粋の工業地帯でしたが、近年の再開発によりマンションや住宅地が多く開拓、建築されており、都心屈指の住みやすいベッドタウンとなっています。

箱根町

箱根町は、地域により異なる温泉を楽しめる日本有数の温泉地です。観光客だけではなく地元の人々が利用する公共浴場も多く、町内に住んでいる人は町民料金で利用できます。加えて、箱根町では移住者の受け入れに積極的です。若者世帯に向けた住宅取得費用の補助や、賃貸住宅の家賃一部負担など、移住者にとって嬉しい支援策が多く用意されています。

神奈川県でリースバックすると・・

不動産売却価格の相場

イエウールのデータによると、直近一年間の不動産売却の相場に関して、マンションは2,818万円、一戸建て物件が5,046万円、土地は5,255万円となっており、マンションが最も多く取引されているようです。マンションの平均専有面積は54m²、平均築年数は25年となっています。一戸建て物件の平均専有面積は168m²、平均築年数は18年と、マンションよりも平均築年数が若くなっています。

また、マンションと一戸建て物件の両者とも年々売却価格が増加しており、今が売り時だと言われています。マンションは、前半期は2,695万円の売却価格相場だったのに対し、今半期は2,940万円で、240万円以上も平均売却価格が増加しています。とくに2021年からの平均売却価格は増加しているようです。一戸建て物件に関しては、前半期が4,787万円の売却価格相場だったのに対し、今半期は5,305万円となり、差分は517万円となっています。一戸建て物件の売却価格相場は2019年以降右肩上がりで増大し続けています。そのため、神奈川県でリースバックを検討している人は、ぜひこのタイミングでリースバックして、まとまった資金を手に入れましょう。

まとめ

  • リースバックはまとまった資金を即座に確保したい人にオススメ
  • 神奈川県は首都圏を形成する重要な都道府県であり、移住地、ベッドタウンとしても人気が高い都道府県である
  • 神奈川県のマンションや一戸建て物件の需要は増々高まっており、リースバックを検討するなら今がオススメ

この記事では、神奈川県のリースバックに関する情報についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。神奈川県は東京に通勤する人のベッドタウンとして近年開発が進んでおり、不動産需要が高まっている自治体です。もしリースバックを検討しているのであれば、そのエリアの不動産の相場情報を理解しておく必要があります。さまざまな情報を吟味したうえで、リースバックに踏み切ってください。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://mansion-jicl.jp/house-lease-back/

https://www.iju-style.jp/media/column/1085/

https://ieul.jp/satei/%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。