2023.10.18

埼玉県の最も注目されている不動産取引手法の「リースバック」とは・・?

Category

関東

Tags

埼玉県では、リースバックという不動産取引形態が注目されています。

この記事を最後まで見れば、リースバックの仕組みについて理解でき、あなたの身近な人に埼玉県のリースバック事情について説明できるようになるでしょう。

リースバックでまとまった資金を得たい人や、リースバックで得た資金を老後の資金にしたい人などは、ぜひ最後までご覧ください。

リースバックとは?

リースバック

リースバックとは、何かしらの事情で持ち家を売却したのちに、そのまま売却先の不動産会社やファイナンス会社と賃貸契約を交わすことで住み続けられる不動産取引形態です。正式には「セールアンドリースバック」と呼ばれており、「売却と賃貸」を表します。売却する際に同時に買主との賃貸借契約を交わすことで成立します。通常自宅を売却するのであれば、家を引き渡すことが当然ですが、リースバックではその心配はありません。

リースバックの目的には、住宅ローン軽減、老後の生活費や教育費の貯蓄、医療費の確保など、まとまった現金が必要なことが挙げられます。年齢制限等もなく、売却して得る現金はすぐに手元に入ります。加えて、金銭的な余裕が出てきた場合には買戻しを要求できるオプションもあり、使い勝手がいい不動産取引形態だと言えます。その他の例としては、住宅ローン以外の借金返済や、事業を起こすための資金源にすること、遺産相続に関するトラブル回避などがあります。

リースバックの条件

リースバックの条件としては、「住宅ローン残高より売却価格の方が高い」ことが求められます。なぜなら、住宅ローン残高の方が高ければ、単に不動産会社やファイナンス会社が損するだけになってしまうためです。例えば、住宅ローンが5,000万円残っている状態で、売却価格の評価額が3,000万円であれば、その差の2,000万円分は取引先が負担することになるのです。そうした場合にはリースバックを利用することはできません。

リバースモーゲージとの違い

リースバックという取引形態と似たもので、リバースモーゲージという制度があります。リバースモーゲージとは、持ち家を担保にして融資を受けられる仕組みです。リバースモーゲージの場合であれば、売買取引は成立せず、所有権を持ち続けられます。主な用途としては、家の持ち主がなくなった際に担保としていた持ち家を売却して借りていたお金を返すという流れになり、主に高齢者が利用する取引形態です。リースバックの場合だと、不動産会社やファイナンス会社との取引が主流ですが、リバースモーゲージは社会福祉協議会や住宅金融支援機構が取り扱うことが多いようです。加えて、金銭の受け取り方にも違いがあります。先述した通り、リースバックは一括でまとまった資金を得られますが、リバースモーゲージは年金のように毎年少しずつ融資を受ける場合が多いようです。他にも、リバースモーゲージはあくまでも「金銭を借りる制度」であるため、さまざまな条件があります。その点、リースバックはリスクが少ない状態から資金を得られる制度だと言えますね。

リースバック・リバースモーゲージのメリット・デメリット

リースバックのメリット

自宅に住み続けられる

リースバックは、自宅を売却して大きな資金を一気に得られる上に、そのまま間の期間なく住み続けられます。売却の代金は住宅の価値や交渉の結果により定められます。

自由に資金を使える

リースバックにより得た資金は用途の制限がなく、自由に利用できます。もちろん家賃の支払いに利用もできますが、新たに事業を始める場合に使ったり、老後の資金として蓄えておいたりできます。

②リースバックのデメリット

住居費が高くなる可能性がある

リースバックは、住居費が高くなる可能性があります。家賃の支払いが始まるため、何年も住んでいると家賃の更新で高くなってしまう恐れがあるのです。事前に口頭で家賃が上がらないように交渉しておいても、所詮口頭での約束であるため、破られる可能性があります。そのため、家賃に関して事前に書面で正式に契約を交わすことをオススメします。

③リバースモーゲージのメリット

配偶者の住宅確保が可能

リバースモーゲージを利用する人の多くは、配偶者の住居を確保する目的で利用する人が多いようです。自分がなくなっても配偶者が安心して住み続けられる環境を残す方法としてリバースモーゲージは優れていると言えます。

老後の資金対策が可能

リバースモーゲージという借入方法は、高齢になっても借り入れられる点が特徴であり、高齢者からの支持が高い資金調達方法です。持ち家を担保とするため信用が大きく、まとまった借り入れが可能になります。

④リバースモーゲージのデメリット

金利や地価の変動リスクが高い

リバースモーゲージは変動金利による借り入れになっていることが一般的です。よって、変動金利によるリスクがあり、場合によっては毎月の返済額が高くなる可能性があります。地価や住宅価値による変動リスクもあるため注意が必要です。

審査などの条件面が厳しい

リバースモーゲージはあくまでも融資であるため、審査などの条件が厳しいのが特徴です。条件としては、年齢、年収、同居者などの情報があり、これらすべてを満たしておく必要があります。資金用途の制限も厳しいため、注意が必要です。

2.埼玉県でのリースバックのポイント

埼玉県でリースバックすべき人に向いているポイントとして、下記の内容があります。

資産運用を最適化したい人

埼玉県内には、老朽化が進む住宅が多いという特徴があります。そこで、不動産を保有していれば、所有者がそのまま売却するのではなくリースバックを利用することで、資産の有効活用が図れます。今までと同じ生活スタイルで、保有する資産の整理が可能なのです。

ずっと埼玉に住み続けたい人

埼玉県は東京都のベッドタウンとして住宅街が多い点が特徴です。埼玉県に持ち家を所有しており、家族で暮らしている人も多いでしょう。しかし、東京の物価の影響を受けることも多いことから資金に困る人もいるでしょう。そのような、ずっと埼玉に住みたいけど資金不足で生活が苦しい、という人に向けてリースバックはオススメです。長く住み慣れた地域で、家族や地域の繋がりを維持できます。

埼玉県のリースバックにおける課題

情報が不足している

埼玉県では、リースバック市場が今後も拡大していくと予想されます。しかし、情報量が足りないという課題があります。リースバックを扱う不動産会社が少なかったり、駅近の大手の不動産会社しか取り扱っていなかったりします。そうした会社からのリースバック情報に関するキャンペーンや、県やファイナンス会社からの積極的な情報発信等も必要になるでしょう。

埼玉県の概要

埼玉県は、関東地方に位置する都道府県で、全国で最も市の数が多い都道府県です。面積は3,798km²で、全国で39番目の広さであるため小さな県です。エリアは、さいたま市などから成る中央エリア、春日部市などの東部エリア、所沢市などの西部エリア、熊谷市などから成る北部エリア、秩父市などの秩父エリアに分けられます。埼玉県の人口は7,332,816人であり、全国で5番目に人口が多い県です。最も人口が集中しているのはさいたま市で、次に川口市、越谷市と続きます。

埼玉県は日本の中でも珍しく海に面していない都道府県です。関東地方のほとんど中央部に位置しており、1都6県に囲まれています。県の面積の約60%が台地と低地で形成されており、県の西側には約2000mもの山地が連なっています。熊谷市などの内陸部にあるエリアは、都市部を通過して暖められた風が流入してくるため、猛暑の地域として知られています。

埼玉県は農業が盛んで、都心に生かいことから近郊農業型の農業です。とくに、サトイモの収穫量が全国1位、クワイの生産量が全国2位、小松菜の生産量が全国2位などの有名な産地です。深谷市は、ブランドねぎの産地として知られており、全国に多くの深谷市のネギが出荷されています。

埼玉県川越市で10月に開催される川越まつりは、国の指定重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。氷川神社を中心に催され、お祭り内では複数の山車が巡行しています。毎年多くの観光客が、日本各地、世界各地から集まります。

さいたま市の「埼玉スタジアム」は、2001年に設立されたアジア最大級のサッカー専用スタジアムです。63,700席が完備されており、選手と観客の距離が近いことが特徴です。当然国内最大級のサッカースタジアムであるため、多くの公式戦が行われます。このスタジアムで開催される試合を目的に全国からサッカーファンが集まることも多いようです。

このように、埼玉県は自然や独自の歴史を持ち、かつ都心からのアクセスが良好な自治体です。のんびり県内を散策するのもいいでしょう。

埼玉県の家賃相場

下記、埼玉県主要自治体の1Rから1DKにおける家賃相場です。

リースバックする際には、不動産会社との契約を交わしますが、その際月々の家賃支払いに関する取り決めを行う必要があります。そのときに重要なのはそのエリアにおける家賃相場です。家賃相場を事前に理解しておくことで、不動産会社との交渉がしやすくなったり、過度な請求から免れたりできます。

  • さいたま市西区:5.72万円
  • さいたま市北区:6.04万円
  • さいたま市大宮区:6.78万円
  • さいたま市見沼区:5.2万円
  • さいたま市中央区:5.77万円
  • さいたま市桜区:5.39万円
  • さいたま市浦和区:6.0万円
  • さいたま市南区:4.99万円
  • さいたま市緑区:6.87万円
  • さいたま市岩槻区:4.78万円
  • 川越市:5.01万円
  • 熊谷市:4.95万円
  • 川口市:7.06万円

まとめ

この記事では、埼玉県のリースバックについてまとめました。

埼玉県は住宅地が多く、リースバックを検討する人が多いかもしれません。リースバックを検討する際には、まずは不動産会社に相談することと、事前に家賃相場を把握しておく必要があります。この記事では小さな賃貸物件の相場のみしか紹介していないため、あなたが保有する家の大きさの家賃相場を調べておきましょう。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://leaseback.hajime-kensetsu.co.jp/article/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%82%84%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%A8/

https://www.homemate.co.jp/soba/pr-saitama/

https://fumakilla.jp/foryourlife/699/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。