2023.10.18

草津温泉で有名な群馬県でリースバックすることをオススメします!

Category

関東

Tags

自宅などの不動産を利用した資金調達方法に「リースバック」という手法があります。リースバックとは、自宅を売却し資金を得て、売却してすぐに同じ家を借りて継続利用する不動産取引の手法です。短期間で資金を得られることに加え、引っ越しの手間がかからないなど魅力が多い資金調達方法です。しかし、大金が動くことになるため慎重に判断する必要があります。

そこで、今回は群馬県でリースバックを検討する人へ向けてこの記事を作成しました。それ以外にも、不動産について学びたい学生や主婦の人も勉強しやすい内容となっています。リースバックの仕組みや群馬県の概要に触れつつ、群馬県でリースバックしたらどうなるのかをまとめました。リースバックにより老後の資金を得たい人や不動産の知識を付けたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を見たほうがいい人

  • 不動産の知識を習得したい人
  • 将来的にリースバックを検討したい人
  • 群馬県で自宅(不動産)を保有している人
  • リースバックについて何も知らない人

そもそもリースバックとは?

リースバックとは、端的に言うと自宅を売却し借りなおすことです。自宅を売り(セール)、賃貸として住むこと(リース)から、セールアンドリースバックとも呼ばれることがあります。主にリースバックは不動産会社やファイナンス会社が実施しています。こうした事業者を通じて、リースバックを行います。

似た手法に不動産担保という手法がありますが、明確に異なるものです。不動産ローンとは、土地や家などの自分が所有する不動産を担保にしてお金を借りる手法のことを指します。両者の明確に異なる点としては、「所有権」にあります。リースバックは不動産を売却することになるため、所有権はリースバック契約を交わした事業者へ譲渡されます。一方不動産担保は、自分の不動産を担保にしてお金を借りるだけであるため、不動産の所有権は自分が所有したままになります。加えて、リースバックは不動産売却益がそのまま資金となりますが、不動産担保は融資として資金が提供され、融資分は返済する必要があります。両者とも資金を得るために有効な手法ですが、それぞれのメリットやデメリットを吟味し、今自分にはどちらの選択が正しいのかを判断する必要があります。

リースバックを検討するタイミングとしては、老後資金を集めたいと考えた際や住宅ローンを返済したいときが思い浮かびます。前者の場合は、リースバックすれば自宅にそのまま住み続けられ、かつ引っ越しの必要はありません。おそらく老後資金を集めたいと考えるのは40〜60歳の年齢層の人になるため、数年、もしくは数10年住み慣れた家を離れることに抵抗を感じることでしょう。そうした人にリースバックはオススメです。後者の住宅ローンを返済したいときにもリースバックは有効です。今の資金のみでローン返済が負担になっているのであれば、リースバックで得た資金でローン額を返済しましょう。しかし、リースバック後は家賃の支払いがあるため、家賃で発生する支払い額とローン返済で起こる支払い額の両者を比較して判断する必要があります。

リースバックで後悔しないためには、契約内容を入念に確認することや将来を見越して売却額を算定することが重要です。契約時には、売却価格や契約期間、契約形態、契約後ずっと住み続けられるのかなど、細かな部分まで丁寧に確認しておきましょう。将来買戻しを検討しているのであれば、契約内容に買戻し特約が含まれているのかを確認しておく必要があります。

最後に、リースバックのメリットを挙げます。第一に、引っ越しが不要な点があります。不動産を売却すると、その後の住む家を見つけたり、引っ越し業者を探したりなどといった手間がかかります。何十年も住み続けてきたため生活環境を変えたくないという人も多いでしょう。しかし、リースバックをすれば、そうした懸念はなく、同じ家に住み続けられます。第二に、家の維持にかかるコストやリスクから逃れられるという点があります。不動産を保有しているだけで、不動産の修繕費や固定資産税などの費用がかさみます。加えて、災害や何かしらのアクシデントによる建物の崩壊などのリスクも考えられます。しかし、リースバックをすれば、こうしたコストを大幅に削減でき、かつ自分は所有権を持たないため倒壊のリスクからも免れます。こうしたコストやリスクを考慮して、リースバックをする人が近年増加しているようです。

群馬県でリースバックを検討する

家賃相場

リースバックを検討する際には、その土地の家賃相場を理解しておく必要があります。そうしなければ、自分の不動産の価値を算出する際や月々の家賃支払い額を決める際に基準がわからずに事業者主導の契約になってしまい、不利な契約を交わさせることもあるでしょう。そうならないために、下記群馬県の各自治体の家賃相場をまとめました。今回は持ち家であることを想定し、3LDK/4K以上の物件の相場情報をまとめています。

  • 前橋市:6.5万円
  • 高崎市:7.6万円
  • 桐生市:6.0万円
  • 伊勢崎市:5.8万円
  • 太田市:6.0万円
  • 沼田市:6.2万円
  • 館林市:6.0万円
  • 渋川市:5.0万円
  • 藤岡市:5.5万円
  • 富岡市:6.5万円

こう見ると、やはり中心部の前橋市や高崎市で家賃相場が高い傾向にあることがわかります。どの自治体も5万円を超えているため、そこまで地域ごとの差は感じられないのではないでしょうか。

また、群馬県でリースバックを扱う不動産会社の中には、不要な売却金の一部を預ければ賃料が50%オフになる会社や、長く住めば住むほど買戻し額が下がる会社など、リースバックに強い会社があるようです。こうした特典を狙ってリースバックしてみるのもいいかもしれませんね。群馬県でリースバックをする際に、この記事を見返して家賃額を算定してください。

群馬県の概要

群馬県は、日本列島のほとんど中央部にあり、関東地方の北部にある都道府県です。山々に囲まれたような地形であり、海に面していない日本では珍しい内陸県となっています。面積は約6,300km²で、全国で21番目、関東地方では栃木県に次いで2番目に大きい県です。

2000mクラスの大きな山岳や湿原、利根の清流など自然環境に恵まれ、かつ工業や商業においても特徴のある、自然と都市の融合が魅力的な自治体です。

群馬県の人口規模は約200万人で、全国18位の規模を誇っています。加えて、県民一人当たりの所得平均は328.3万円で、全国8位です。工場立地件数は全国4位、製造品出荷額は8兆円を超え、全国12位で、製造業が盛んな自治体です。一人当たりの所得が高い要因としては、東京に通勤する人がベッドタウンとして群馬県を利用していることが挙げられます。東京方面へのアクセスも良好で、朝は群馬から東京に出勤し、夜は東京から群馬に帰宅するという生活スタイルをとっている人が多いようです。製造関係の仕事に従事している人が多く、正社員として働いている人が多い点も所得が高い理由だと言えます。

群馬県北部は標高が高い地域が多いことから、夏の寒暖差が激しいエリアです。新鮮でおいしい高原野菜が取れる地域が多くあり、自然の恵みに恵まれています。冬は降水量が多く、多くのスキー場があり、ウィンタースポーツを楽しめます。一方南部地域は太平洋側の気候の影響を受けます。首都圏と同じような気候で、伊勢崎市は全国でも気温が高いまちとして有名です。冬は乾燥した季節風が吹き込み、冷え込むことが多くあります。この風は通称「からっ風」と呼ばれています。そのため、南部地域は年間の気温差が大きなエリアだと言えます。

群馬県は日本を代表する温泉大国です。温泉の数は100カ所を超え、草津、水上、伊香保、万座、四万が五大温泉と称されています。秘湯や川で楽しめる温泉など、個性的な温泉が多い点でも特徴的です。中でも草津温泉は、「にっぽんの温泉100選」で19年連続1位を獲得するほど有名な温泉街です。

加えて、群馬県を含む4件にまたがる尾瀬という湿原は、日本最大級の高知湿原であり、特別天然記念物に指定されています。初夏にはミズバショウが、夏にはニッコウキスゲなどの特別な湿原植物を楽しめます。

温泉や湿原以外にも、群馬県には富岡製糸場や岩宿遺跡などの文化的遺産があります。富岡製糸場は、明治時代に日本の近代化を支えた製糸場です。群馬県では昔から蚕のまゆからつくる糸の製糸業が盛んでした。そこで明治政府が富岡の地に大規模な製糸場を作りました。岩宿遺跡は、日本で初めて発見された旧石器時代の遺跡で、日本の歴史を塗り替えました。1946年に、考古学者である相沢忠洋が、群馬県みどり市の関東ローム層からでてきた黒曜石で作られた打製石器を発見したことから、この遺跡が発見されました。

群馬県は晴れの日が多いという特徴から、古くから小麦栽培が盛んでした。これにより、群馬県ではうどんやパスタ、焼きまんじゅうなどの小麦粉を使った食文化が浸透しています。群馬県のB級グルメである水沢うどんや太田焼そばは、それぞれ日本最大と釘打つほどの名物グルメです。

農業に関しては、小麦に加えて高原の涼しい気候を利用した高原野菜の栽培が盛んでした。キャベツやレタス、養蚕などの生産が盛んで、関東地方を中心に多く出荷されています。県の花はレンゲツツジ、県の木はクロマツ、県の鳥はヤマドリです。

群馬県は、自然の恵みが多いですが、一方で自然災害の被害の少なさも特筆しています。過去の震度4以上の地震の発生件数は関東で最も少なく、今後首都直下型地震が発生したとしてもほとんどの地域で震度5以下だとされています。年間の日照時間は全国4位であるため、降水、台風による自然災害に見舞われることもほとんどないでしょう。

とはいえ、群馬県は関東地方に位置し、今後首都直下型地震の被害が予想されます。そこで、不動産を所有している人はリースバックを検討し、リスク回避することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • リースバックは老後の資金集めやコスト、リスク回避の観点で始める人が多い
  • 群馬県でリースバックを取り扱う会社はさまざまなキャンペーンを実施している会社が多い
  • 群馬県は一人当たりの所得が高く、東京のベッドタウンとして利用されている
  • 群馬県は自然災害が少ないが、リースバックでリスクヘッジしていればなお安心できる

今回は、群馬県のリースバック情報についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

群馬県は関東地方に位置していることから、首都直下型地震の被害を受けることが予想されます。群馬県のリースバックを取り扱う会社はお得なキャンペーンを実施している会社が多いことですし、万が一のリスク回避のためにリースバックを検討してみてもいいのではないでしょうか。実際にリースバックをしようと考えた際には、まずは信頼できる不動産会社やファイナンス会社、専門家などに相談することから始めましょう。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://www.resonabank.co.jp/kojin/column/freeloan/column_0002.html

https://www.pref.gunma.jp/

https://gunmagurashi.pref.gunma.jp/wp/wp-content/uploads/2018/12/gunmagaichiban.pdf

https://suumo.jp/chintai/soba/gumma/

https://www.travelbook.co.jp/t-578/topic-70850/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。