2023.10.18

【栃木県】栃木県でリースバックするとこんな魅力があります!

Category

関東

Tags

自身が保有する不動産を売却し、その家を賃貸住宅として借りて住み続ける手法をリースバックと言います。老後の資金に悩んでいたり、固定資産税などの費用に苦しめられていたりする人には、ぜひリースバックすることをオススメします。今回は、そうしたリースバックの良さを説明しつつ、栃木県でリースバックする際に注意すべきポイントやリースバックすべき理由を説明します。マイホームを保有していて、かつ短期間でまとまった現金を調達したい人へ向けて、この記事をまとめました。ぜひ最後までご覧ください。

リースバック

リースバックの概要

リースバックとは、不動産取引の形態の一つであり、一般的に不動産の所有者が自身の不動産を売却し、それをすぐにリースという形式で以前と同様に利用することを言います。この取引手法は、資金をすぐに調達したい、かつ保有する不動産を手放したくないという人や企業が利用する手法です。例えば、事業を拡大したく現金が必要になっている企業や、個人の老後資金確保のために不動の価値を利用したい人などが多く利用しています。しかし、リースバックには注意が必要です。リースバックを検討する際には、取引条件や契約内容を適切に理解し、信頼性のある買い手やリースバック契約を提供する不動産会社、ファイナンス会社を利用することが重要です。不動産市場や法律上の規制などにより契約内容は異なるため、専門家からアドバイスをもらうことも賢明でしょう。

リースバックの流れ

①不動産の評価と条件確認

まずは不動産所有者が自身が保有する不動産を評価し、売却価格やリース期間、リース料、買戻しの条件などを決定します。不動産の現在の市場価値と将来の価値を考慮し算定されますが、自分だけで行うのではなく、専門家からのアドバイスのもとに行うようにしましょう。

②リースバック契約の締結

不動産所有者とリース契約を交わす不動産会社やファイナンス会社が合意した条件を含んだリースバック契約書を作成します。契約内容には、売却価格、リース期間、リース料金、買戻しオプションの詳細など、細かな取り決めが含まれます。

③不動産の売却とリース開始

契約締結後、不動産所有者は取引相手に一旦手放します(売却します)。同時にリースバック契約が開始され、所有者は一括して現金を手に入れ、かつ所有者は引き続き不動産を使用する権利を持ちながら、月々のリース料を支払います。

④リース期間の終了と買い戻し

リース期間が終了すると、元の不動産所有者はリースバック契約で定められた不動産を買い戻せる場合があります。この際、元の売却価格とリース料の支払い額が相殺される場合があります。

リースバックの流れは、取引相手や地域の法律、契約内容等により異なります。リースバックを検討する際には、専門家のアドバイスを受けることが重要です。とくに不動産取引には複雑な要素が絡むため、そうしたリスクを考慮し専門家のアドバイスを受けることを推奨します。

リースバックのメリット

今回は、個人が自宅をリースバックする際に関してまとめています。

①売却後も生活は変わらない

売却後もそのまま住み続けられるという点は、リースバックの最大の特徴でありメリットでもあります。通常、不動産売却する際には所有権が第三者にわたってしまうため、その家から撤退する必要があります。賃貸住宅に引っ越す際には、礼金や仲介手数料、引っ越し業者の手配など、大きな出費が伴います。さらに、子供がいる場合には、引っ越した理由を詮索されるため、近所付き合いが難しくなる可能性もあります。しかし、リースバックでは、売却後も同じ不動産に住み続けられるため、引っ越しにかかる費用を抑えられ、かつ近所付き合いもそのままで問題ないでしょう。

②コスト削減

不動産を所有していると、固定資産税、都市計画税、火災保険料、修繕費などさまざまなランニングコストがかかります。加えて、災害で建物が崩壊したり、資産価値が下がったりなどのリスクもあります。住宅ローンを借りている場合には、金利上昇のリスクも伴います。しかし、リースバックすればそうしたコスト負担やリスクから逃れられます。上記の費用に関しては不動産会社やファイナンス会社が負担することになりますし、リスクも抑えられます。

③借金せずに資金調達できる

リースバックによる不動産売却は、老後の資金確保に非常に有効です。老後資金確保のために自宅を売却したくても、年齢を重ねると引っ越しにかかる身体的負担が大きくなったり、長年住み続けてきた家を離れることに対する抵抗を感じたりするでしょう。しかし、リースバックであれば、住み慣れた家にそのまま住みつつも資金を確保できるのです。加えて、当然ですがリースバックで手に入れた資金は用途の制限がないため、老後資金だけではなく生活費の足しになったり事業資金に回したりできます。

栃木県の基本情報

栃木県

栃木県は、関東地方の北部に位置し、関東で最も大きい面積を誇る都道府県です。県庁所在地は宇都宮市で、経済や政治の中心となっています。人口は2023年7月時点で約190万人であり、主に県庁所在地である宇都宮市に人は多く集まっています。宇都宮市は県のほぼ中央部に位置し、県全体の約1/4にあたる50万人ほどの人々が集中しています。ほかにも人口10万人以上いる都市としては、栃木市、那須塩原市、小山市、足利市などがあり、宇都宮線や両毛線沿線に人口が多い市が集まっています。

県の北部は日光国立公園に指定されており、美しい山岳地、高原、湖などが広がります。中央部の関東平野に都市が集中しており、宇都宮市を中心として経済が回っています。加えて、世界遺産に登録されている日光寺や尾瀬、那須高原等の観光資源が豊かな点も特徴的です。そのため、関東、東北、北陸を中心に多くの観光客を集めています。

また、栃木県は「ネットワーク型コンパクトシティ形成ビジョン」を掲げており、住みやすいまちづくりの実現に向けて取り組んでいます。都市機能を宇都宮市などの中心部に集約し、宇都宮駅周辺ではホテルや商業施設などが次々と建設され、再開発が進んでいます。

また、栃木県はスポーツ大国としての異名を持ちます。県内では、バスケットボール、サッカー、アイスホッケー、ロードレースなどのチームが活躍しており、県内各地では週末にさまざまなスポーツチームが活躍しています。週末に家族で好きなチームの応援に行くのもいいですね。

産業

①農業

栃木県では、それぞれの土地柄に合わせた農業が行われています。平野部では、「かんぴょう」と「いちご」の生産が盛んで、栃木県を代表する農産物になっています。かんぴょうはユウガオという花を原料として作られているのですが、その栽培面積は日本の95%を占めており、日本有数の産地です。いちごに関しても日本屈指の生産量で、なんと45年以上収穫量が日本一です。栃木で生産されるいちごは粒が大きく柔らかい点が特徴的です。一方、北側の高原エリアでは酪農が盛んです。生乳の生産量は北海道に次いで全国二位で、ほかにも「とちぢ和牛」「とちぎ霜降高原牛」などのブランド化された肉もあります。

②工業

栃木県は、日本で珍しい海に面していない都道府県ですが、実は工業も盛んで、北関東工業地域や関東内陸工業地域に属しています。とくに織物の産地として有名で、足利地域や桐生地域で主に生産されています。背景としては、周辺の河川にあります。周辺の河川は、かつて船による貿易の主要路線だったと言われており、この二つの地域が工業地域として栄えるきっかけになりました。

③商業

栃木県は観光業が盛んな都道府県です。日光東照宮や日光二荒山神社などの日光の寺社は、1999年に世界文化遺産に登録されました。この出来事が大きく、世界的に栃木県の名前が有名になり、インバウンド需要が増加しています。2015年には、日光市の観光客数は年間1200万人を超えました。日光地域は、温泉地でもあり、日光湯元温泉や鬼怒川温泉などが有名な温泉です。北東部にある那須町も温泉街として有名で、日光エリアと那須町エリアは栃木県の二大観光エリアとなっています。

もし栃木県でリースバックすると・・

賃貸相場

リースバックすると、リース料を翌月から支払う必要があります。そこで重要なのはその地域の賃貸相場情報です。月々家賃を支払うことになるため、おおよそどれくらいの家賃を支払うことになるのか事前に知っておくべきです。今回は、持ち家であることを想定し、3LDK、4K以上の物件の相場情報をまとめました。以下、スーモの家賃相場情報ですので参考にしてください。

  • 宇都宮市:7.8万円
  • 足利市:6.0万円
  • 栃木市:6.7万円
  • 佐野市:5.4万円
  • 鹿沼市:7.8万円
  • 日光市:5.7万円
  • 小山市:6.6万円
  • 矢板市:5.4万円

こう見ると、県庁所在地である宇都宮市に加え鹿沼市が最も相場が高いことがわかります。一方、栃木県第二の都市である小山市は6.6万円と、宇都宮市と1.2万円も差があります。宇都宮市や鹿沼市でリースバックすると、月々の家賃支払い額が大きくなりそうです。

注意すべきこと

とくに栃木県でリースバックする際に注意すべきポイントを簡単にまとめました。

  • 家賃相場が地域ごとに差があるため、その土地で強い不動産会社やファイナンス会社を事前に確認しておく
  • リースバックしたからと言ってずっと住み続けられるとは限らない
  • 再開発が進んでいることもあり、売却価格が相場よりも安くなる可能性が高い

最後に

  • リースバックはすぐに資金を得たい人や企業にオススメ
  • リースバックの流れは比較的簡単
  • 栃木県は宇都宮市を中心に栄えており、地域ごとに特性を持った農業がある
  • 栃木県でリースバックを検討する場合には、家賃相場を理解しておく必要がある

今回は、栃木県のリースバック情報に関してまとめましたが、いかがでしたでしょうか。栃木県は北部の山地とそれ以外の平野部で大きく家賃相場が異なります。そのため、それぞれの土地で強い不動産会社やファイナンス会社を見つけ、事前に相談することが重要です。リースバックによるメリットだけではなく、デメリットや注意すべきポイントを理解する必要があります。リースバックは動く金額が大きいからこそ、慎重に判断しましょう。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://www.rehouse.co.jp/relifemode/column/at/at_0035/

https://www.homemate.co.jp/town/pr-tochigi/

https://www.pref.tochigi.lg.jp/

https://suumo.jp/chintai/soba/tochigi/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。