2023.10.18

【茨城県】納豆だけじゃない!茨城県のリースバック情報!

Category

関東

Tags

自身が所有する不動産を売却した後に、賃貸契約という形で今までと同じようにその不動産を使い続ける契約形式のことをリースバックと言います。今回は、リースバックや茨城県の概要に触れつつ、茨城県でリースバックした際に考えられる未来を解説します。茨城県でリースバックを検討している人や、茨城県で今すぐに手元に現金が欲しい人は、ぜひ最後までご覧ください。まずはリースバックについての説明から入ります。

そもそもリースバックとは?

リースバックの概要

リースバックとは、不動産や資産の取引における一つの取引形態のことです。不動産所有者が、自分が管理している不動産を売却する際、同時にその不動産を買い戻すことを意味します。手順としては、①不動産所有者が不動産を売却する②不動産を買い取った事業者は、売却された不動産をリース(賃貸)する③元の不動産所有者は、新たな不動産所有者から不動産を借りる形で、元の不動産を利用できるようになる という流れになります。リースバックの主な目的は、現金を得ることで元の所有者が資金を手に入れる部分にあります。この手法により、資金調達の必要がある個人や企業にとって、不動産という資産を持ち続けることと引き換えに現金を手に入れることが可能になるのです。リースバックすると、元の所有者が事業や生活を維持しながら資金を得られることになり、大きなメリットです。また、元の所有者は引き続き不動産を利用できるため、ビジネスの運営に影響が出ることが少ないため、この部分もメリットの一つだと言えます。しかし、リースバックには注意が必要です。売却、リース条件が公平でないと、元の所有者の負担が増大する場合があります。そのため、リースバックを検討する際には、適切な専門家のアドバイスをもとに考える必要があります。

リースバックのメリットについての詳細

①現金調達

リースバックは、不動産所有者が資産を売却して現金を手に入れる手法です。これにより、個人や企業が資金をスピード感をもって手に入れることが可能となり、新規事業を始めたり、既存の事業を拡大したりできます。また、リースバックにより得た資金は、投資や借金の返済、老後の資金にするなど、さまざまな目的に活用できます。

②キャッシュフローの改善

これは主に企業に関して言えることです。リースバックでは、不動産を売却することにより資金を得ながらもその不動産をリースという形で使用し続けられます。そのため、資産を保有しながらキャッシュフローの改善が可能となり、事業の持続性を高められるのです。

③資産管理の負担軽減

リースバックすることで、不動産の管理、維持、修繕などの負担を新しい保有者が引き継ぎます。元の保有者は、不動産の所有権こそ失うものの、そのままその不動産を利用して業務を遂行したり、そのまま住めたりします。とくに、不動産にかかるコスト(固定資産税や修繕費など)や手間を削減できることは、リースバックの大きな魅力の一つだと言えます。

④事業安定性の向上

リースバックにより、元の所有者は資産の使用権を失うことなく事業を継続できるため、安定性を保てます。とくに、事業が特定の不動産に依存している場合や、店舗など重要な拠点を保持しながら資金を得たい場合に有効な策です。

トラブル回避のために

リースバックには上記のようなメリットがありますが、利用後に思わぬトラブルが起きることがあります。例えば、リースバック後の家賃設定が高く、支払いの継続が困難になったり、賃貸借契約の更新を拒否されその不動産を継続利用できなくなったりするなどです。不動の所有権がリースバック事業者に移ることにより、そのオーナーが新たなルールを設ける場合があります。そのため、トラブルを未然に防ぐためには、リースバック契約時に入念に条件を確認したり、賃貸借契約の種類の見定めをしたりする必要があります。詳細に契約相手と交渉、確認し、未然にトラブルを防ぎましょう。加えて、事前相談の段階からリースバック事業者の対応等を通じて信頼できる相手かどうかを見極めておくといいでしょう。

茨城県について解説!

茨城県

茨城県は、関東地方の北部に位置する都道府県です。県庁所在地は水戸市で、茨城県で最も人口が集まっています。

実は、茨城県内各地の繫がりは薄く、県北部の日立市では工業化が進んでいます。工業地帯に加え、太平洋や八溝山地のような豊かな自然のある地域を形成しています。県庁は水戸市にあり、小美玉市には、空の玄関口である茨城空港が置かれています。県東部の鹿嶋市や神栖市では工業地帯が形成されています。南部には筑波研究学園都市が形成されており、東京都のベッドタウンとしての位置づけもされています。

茨城県の位置づけとしては、太平洋に面しており、福島県の南に位置します。南部には平野が広がり、北部は山地が多いという特徴があります。海岸はサーフィンやマリンスポーツができるエリアが多く、人気のアクティビティとなっています。

県庁所在地である水戸市は、茨城県の中でも重要な役割があります。戦国時代から江戸時代にかけて政治、文化の拠点として栄えていました。そこから教育に力を入れ、日本屈指の大学である筑波大学を開講するなどしてきました。多くの歴史的観光地や建物があり、観光地としても人気のエリアです。

特徴

・自然

茨城県には、豊かな自然があります。山や海、湖などがあり、広大に続く田畑まで、さまざまな自然があふれています。街並みの中にも自然が点在しており、自然と共存した風景となっています。沿岸部ではマリンスポーツを楽しめ、ほかにも登山や景勝地へのアクセスなど、自然に関するアクティビティも豊富にあります。

・豊かさ

茨城県は、国土交通省による「都道府県別の経済的豊かさ」で全国3位です。この算出額は、県民の可処分所得から家賃などの費用を引いた額で計算されます。つまり、経済的余裕を持ち生活できるということを意味しているため、休日の家族との時間や趣味の時間をより充実させられる都道府県だと言えるでしょう。

・交通

茨城県は都心に近く地方での暮らしと都心近くでの暮らしの良い部分を両方味わえるまちです。東京へのアクセスは、茨城県の南からだと約45分、北側からでも約2時間でアクセス可能です。電車だけではなく、バスや飛行機、高速道路等の交通機関が充実しています。生活費が抑えられ、かつ暮らしやすい茨城県を拠点にテレワークする社会人が多く、近年は移住する人も増加しています。

・食

茨城県は農業が盛んで、新鮮かつ美味しい食材を食べられます。近郊型の農業で、レタスなどの品目で全国1位の出荷額を誇ります。漁獲量に関しては全国2位を誇っており、食がおいしいまちで有名です。漁業に関しては、茨城県沖は寒流と暖流がぶつかる潮目であることから、さまざまな魚が取れることに起因しています。畜産業も盛んで、ブランド化された牛肉や豚肉が生産されています。

教育環境

茨城県には、学研都市のつくば市があり、日本屈指の大学である筑波大学や、JAXAをはじめとする最新科学の研究機関が集まっています。市内の小中学校でも最先端の教育が取り入れられており、全公立小中学校の一貫教育化や、ICTの積極活用など、県独自の教育プログラムを取り入れています。こうした取り組みにより、県内の子どもたちは全国トップクラスの学力を保っています。近年では、この教育環境を目的として移住してくるファミリー世帯が増加しています。加えて、恵まれた自然環境も子育てする上で知的好奇心を育むための重要なツールとなっています。

具体的な教育機関の数は以下の通りです。大学や高校の数が他の都道府県と比べても非常に多く、学研都市であるつくば市の影響が大きいことが伺えます。

  • 小学校数:公立444校、私立7校
  • 中学校数:212校、私立12校
  • 高等学校:公立93校、私立24校
  • 大学数:公立4校、私立7校

もし茨城県でリースバックを検討するなら・・

もしこの記事をみているあなたが茨城県でリースバックを検討しているのであれば、以下の2点に注意してリースバックを検討してください。売却後のトラブルや、思いがけないトラブルなどが発生する恐れがあるため、リースバックする前に見極めが必要です。

①不動産会社を利用する場合には倒産危機がないか調べておく

リースバック契約する不動産会社が倒産した場合にはトラブルになる可能性があります。倒産時に、賃貸として住んでいた自宅(不動産)が第三者に売却され、住めなくなる可能性があるのです。リースバック先となる事業者を選定する際には、大手の不動産会社や上場している会社かどうか、資本金が多いかどうかなど、入念に調べておきましょう。とくに茨城県の地場の不動産会社には注意が必要です。駅近くの上場会社なら問題ないかもしれませんが、茨城県の中でも田舎なエリアの不動産会社に頼む際にはとくに注意しておきましょう。

②リースバックの実績を見ておく

リースバック時のトラブルの中には、勝手に売却されていたというような事例があります。リースバックする会社は、通常の不動産売却が可能になるため、利益が見込めたとなると勝手に売却する可能性があるのです。賃貸人となった売主に何の通告もなく保有元が変わっていたとなると、不安になりますよね。そのため、対策としてリースバックの実績がある会社かどうかを事前に調べておきましょう。とくに茨城県の不動産会社やファイナンス会社に関しては、人口減少などの影響もあり経営が潤っているような会社は多いとは言い難いでしょう。そのため、安心安全なリースバックの実績があるかどうか事前に調べておき、勝手な動きをされない会社を選びましょう。

まとめ

  • リースバックは、まとまった現金を得たい人やキャッシュフローを改善したい企業などに有効
  • リースバック契約する際にはじっくりと見極める必要がある
  • 茨城県は自然豊かで教育に力を入れている都道府県である
  • 茨城県でリースバックを検討する際には、不動産会社の見極めが最重要事項となる

この記事では、茨城県でリースバックを検討する人に向けた情報をまとめました。

この記事を機に、茨城県に住んでいる人がリースバックを検討していただけると幸いです。文中でも述べましたが、茨城県でリースバックするならば、不動産会社の選定が重要となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://www.rehouse.co.jp/relifemode/column/at/at_0035/#chapter5

https://www.starmica.co.jp/sell/urilabo/leaseback/

https://iju-ibaraki.jp/ibaraki/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。