2023.10.18

福井県で持ち家がある人必見!今話題沸騰中のリースバックはなぜ選ばれるのか?

Category

中部

Tags

近年利用者が増加している「リースバック」を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

リースバックにはメリットが多いですが、デメリットを理解しないまま手続きを進めると、後悔してしまう可能性があります。リースバックのメリットとデメリットの両方を理解して、最適な判断をすることが大切です。

今回は福井県でのリースバック情報に関してまとめています。この記事により、あなたが最適な判断をする手助けをできればと考えています。順を追って見ていきましょう。

リースバックのメリットとは

リースバックの基本

リースバックとは、一言で言うと「自宅を売って借りる」方法のことです。持ち家のリースバックは、所有している自宅を不動産会社やリースバック会社に売却して、その後同時に賃貸借契約を交わし、貸借人として今までと同じように住み続ける不動産取引の一つです。リースバックで自宅を売却すれば、即座にまとまった資金を得られ、高齢者が老後の資金確保のために利用する場合が多いようです。

一般社団法人リースバック協議会によると、日本で持ち家のリースバックが始まったのは1960年代からだとされています。しかし、日本でリースバックが広く認知され始めたのは2010年を過ぎてからで、最近の出来事です。高齢者が自宅に住み続けながらほとんどノーリスクで資金を得られるため、高齢化社会に差し掛かる日本において非常に有効な資金調達方法となっています。

流れとしては、まず自宅を売却することから始まります。売却先は不動産会社やリースバック専門店などの業者が一般的ですが、一部ファイナンス会社が手掛けていることもあります。通常の売却と異なり、売却後は即座にまとまった資金を得られます。それと同時に、買主となった業者と賃貸借契約を結びます。つまり、元の所有者は貸借人となり、家賃を支払うことにより今まで通りにその家で暮らせるようになるのです。

住宅ローンとの関係性

住宅ローンが残っている人はリースバックを利用できないのではないかと心配する人もいるかもしれません。しかし、住宅ローンの残高があってもリースバックを利用できます。そもそも、住宅ローンの返済状況が不動産売却価格より低い状態であれば利用可能です。リースバックで得た売却資金で住宅ローンを返済したとすると、ローンの残高が少ないほど手元に残る現金は多くなるため、その分まとまった資金を得られます。加えて、毎月支払っている住宅ローン額とリースバック後の家賃を比較して、家賃のほうが安くなるのであればリースバックの恩恵を存分に受けられるでしょう。一方、不動産売却価格より住宅ローンの返済状況が高い場合には注意が必要です。この場合であれば、「任意売却」という売却形式をとればリースバックを利用できる場合があります。任意売却は、借入先の金融機関の承諾を得て持ち家を売却する方法です。任意売却には期限が設けられているため、この場合はまずはリースバック会社や不動産会社に相談することをオススメします。

リースバックに関する知識まとめ

売却価格相場

一般的に、リースバック契約を交わす際の売却価格の相場は、通常の市場価格の70~80%前後になります。もしあなたが売却価格についてこだわるのであれば、通常の売却時の価格とリースバック時の価格を見比べて、できるだけ通常の価格で売却してくれるような業者を選ぶようにしましょう。

家賃相場

リースバック五に支払う家賃相場は、期待利回り8〜12%をかけたものが年間の家賃相場になります。この計算であれば、似たような物件に賃貸する場合よりも家賃は高くなる傾向にあります。リースバック契約時には相場情報を提供してくれない業者もあるため注意しておきましょう。

買戻しの相場

リースバック後、買戻しを検討することもあるでしょう。その際の買戻し価格の相場は、物件の売却価格の1.2〜1.3倍程度が相場のようです。こちらも費用がかさむようになるため、事前に資金シミュレーションをしておくことをオススメします。

リースバックのメリット

自己資金を調達できる

リースバックが選ばれる最も大きな理由の一つが、まとまった資金を短期間で得られる点にあります。最短で2~5日ほどで現金化できる業者もあるようです。例えば、子供の教育費が想像以上にかかったり、老後の資金として蓄えておくお金が足りなかったりする際にリースバックは有効です。借金の返済や生活費が足りなくなった場合にも利用できるなど、資金用途の制限がない点も魅力的です。

自宅に住み続けられる

リースバックを利用すれば、引っ越し不要でそのまま住み慣れた自宅に住み続けられます。とくに高齢者や子供を持つ家庭にとっては嬉しいことで、せっかく作った生活圏のコミュニティが崩れることは心理的な負担になるでしょう。資産を利用して資金を得る方法は他にもありますが、通常不動産を売却して資金を得ようとする場合、転居を伴います。その点、リースバックはその必要がないため、引っ越しの費用を節約できるとともに、新しい居住地を探す手間が省けます。

買い戻せる

リースバック契約時の契約内容にもよりますが、将来的に買い戻せるような契約が組み込まれていることがほとんどです。将来的に買戻しすれば、また家の所有者に戻れます。この仕組みは、一時的にお金が不足してしまい経済状況がひっ迫していたことを理由にリースバック契約を始めた人にメリットがあります。買戻しできるように、リースバック契約時にこの契約が組み込まれているか確認しておきましょう。

福井県の概要

福井県の基本データ

  • エリア:中部地方
  • 総人口:約75万人(2022年時点)
  • 平均降水量:2467.00mm
  • 年間降水日数:175日
  • 気候:年平均気温→16.4℃、最高気温→32.5℃、最低気温→-0.4℃
  • 有効求人倍率:1.93倍
  • 待機児童数:0
  • 幸福度ランキング:日本一位(2014~2022年)

福井県の基本情報

福井県は中部地方に位置する県で、北陸地方の中で最も人口が少ない県です。石川県、滋賀県、岐阜県、京都府と隣接しており、行政区分的に近畿地方に区別されることもあります。北側の嶺北エリアと、南側の嶺南エリアにより構成され、福井県の周囲0.1km以内に58もの無人島がある点も特徴的です。越前の豊かな自然の山々と、若狭の透き通った水の流れに代表される自然が持ち味で、それを代表する言葉に「越山若水」という言葉があります。

気候

ケッペン気候区分では、福井県全域は温暖湿潤気候になりますが、日本海側気候でもあり県内全域は豪雪地帯に指定されています。中でも、特別豪雪地帯である大野市、池田町、勝山市、南越前町は全国屈指の豪雪地であり、冬には苦労することが多々あります。県庁所在地の福井市は内陸部に位置するため、沿岸部の富山市や金沢市より豪雪になりやすい傾向にあります。過去には1m以上の積雪を記録したこともあります。日本海沿岸部では温かい対馬海流の影響により比較的暖かく、冬には雪よりも雨の日が多いようです。

福井県の魅力

観光スポットが多い

福井県には、国内随一の恐竜博物館や歴史的建造物など、多くの観光スポットがあります。恐竜博物館に関しては、化石の発掘量が日本一の福井県にちなんだ施設となっています。2023年7月にリニューアルオープンし、化石研究を体験できるコーナーや、大きな恐竜のオブジェを見学できます。

歴史的建造物に関しては、福井市の「養浩館庭園」や、文化遺産の「乘谷朝倉氏遺跡」等が有名な建造物です。日本の歴史を堪能できる施設が多くあり、修学旅行地やシニア世代の団体ツアーにも人気な都道府県となっています。加えて、福井県には広々とした公園が多く、自然と触れ合いながら遊べるスポットが多く存在しているため、観光客だけではなく地元の家族世帯にも嬉しい場所です。そのため、近年よく都心部からの移住先としても選ばれています。

関西圏や中京圏にアクセスしやすい

福井県は、大阪・神戸などの関西圏や、名古屋などの中京圏へのアクセスに長けた地域です。大阪からだと、特急で約2時間、京都からは約1時間半、名古屋からは約2時間でアクセス可能です。福井県の大野市は中京地域への玄関口となっており、敦賀市等の嶺南地域は関西圏への玄関口となっています。さらに、近年金沢方面で開通した北陸新幹線を新大阪まで沿線する計画も進んでいるとのことです。これが実現すれば、関西方面へのアクセスがさらに便利になり、同時に福井県の活性化にもつながるでしょう。

日本一幸せな県

福井県は、日本一幸せな県として評価されています。47都道府県の幸福度ランキングで5回連続日本一を獲得しており、同時に子育て世帯の移住者幸福度、子供の幸福度においても総合一位を獲得しています。さらに、合計特殊出生率は全国平均値よりも高く、上位に入っています。この背景には、さまざまな移住支援制度や子育て支援制度を設けていることが挙げられます。とくに移住支援に関しては、移住支援金制度や移住お試し体験などの工夫を凝らし、Uターンを希望する人に向けてのPRに取り組んでいます。

福井県の不動産相場情報

国土交通省の不動産取引価格情報による福井県のマンションと一戸建て物件の相場情報は、下記のようになります。

マンション

  • 平均売却価格:1,435万円
  • 平均専有面積:57m²
  • 平均築年数:23年
  • 売却動向

前半期:1,805万円→今半期:1,066万円

一戸建て物件

  • 平均売却価格:1,606万円
  • 平均専有面積:258m²
  • 平均築年数:29年
  • 売却動向

前半期:1,378万円→今半期:1,833万円

以上のデータによると、マンションの売却価格は前半期に比べて大幅に減少、一戸建て物件の売却価格は増加しています。捉え方にもよりますが、今後福井県でのマンションの需要は落ち込んでいくと予想されるため、価値が下がりすぎないうちに売却しリースバックに移ることをオススメします。

まとめ

  • リースバックは資金を即座に集めたい人や住宅ローンの返済に困っている人にオススメ
  • 福井県は降雪が多いものの、幸福度ランキング日本一で暮らしやすい都道府県である
  • 福井県でリースバックが選ばれるのは、価格が下がりすぎないうちに売却を検討したい人が多いから
  • 福井県でリースバックを検討しているのであれば、今からアクションするべき

参考

https://iesuru.jp/topics/662/

https://iesuru.jp/topics/2529/

https://ieul.jp/satei/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%9C%8C/

https://www.pref.fukui.lg.jp/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。