2023.10.18

岐阜県でリースバックするなら抑えておきたいポイントについて解説!

Category

中部

Tags

  • 岐阜県で不動産売却を考えている
  • リースバックの仕組みを知りたい
  • 岐阜県のリースバック事情を知りたい

このようなことを考えたことがある人はいませんか?一つでも該当するのであれば、ぜひこの記事をご覧ください。リースバックは近年普及し始めた新しい不動産取引形態で、あまり理解していない人も多いのではないでしょうか。この記事は、岐阜県でリースバックすべきか悩んでいる人や、持ち家がある人にぜひ読んでいただきたい記事です。不動産取引で不利益を被らないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

リースバックについてのおさらい

リースバックの基本知識

リースバックとは、セールアンドリースバックの略で、一度持ち家を売却し、その家に賃貸として住み続けるという不動産取引形態のことを指します。持ち家を売却するため、所有権こそ手放しますが、売却後も同じ家に住み続けられ、かつ売却により得た金額を短期間で手にできます。戸建ての物件だけではなく、マンションを購入していれば、マンションの所有権でもリースバックは可能です。

リースバックのメリット

売却後も同じ家に住み続けられる

同じ家に住み続けられるという点は、リースバック取引による最大のメリットだと言えます。所有権こそなくなり賃貸契約に変わることになりますが、家はこれまでと同じ状態でリースバック契約ができます。持ち家を売却したとしても、引っ越しする必要もないため、これまでと変わらない生活を営めます。

まとまった資金をすぐに得られる

通常の不動産売却時には、仲介業者に依頼することがスタンダードになります。この場合、仲介業者が買い手を見つけるまで不動産を現金化できません。そのため、素早く売却による代金を得たいと思っても数ヶ月、もしくは数年以上かかるようになります。しかし、リースバック契約を利用すれば、不動産会社が買い手となり取引を行うため、通常の不動産売却よりも素早く、かつ即座に売却による代金を得られるのです。子供の養育費が足りなかったり、住宅ローンの返済が難しかったりする場合に非常に有効です。

買戻し可能

リースバック契約時に買戻し特約を交わしておくと、一度売却した物件でも再度購入が可能になります。買戻し特約とは、再売買の予約のことで、一度売却した不動産を買い戻すための取り決めです。一時的に大きな資金が必要になった場合や、住宅ローン返済のために一度リースバックにより売却してしまっても、お金に余裕ができれば買戻しできるため、「持ち家」にこだわりたい人には非常にありがたいメリットでしょう。

周囲に知られずに売却可能

通常、不動産売却すると、インターネットや不動産会社のチラシ等で物件が一般公開されてしまいます。そのため、近所の人々に持ち家を売却したことが知れ渡ってしまいます。ネガティブな内容で不動産売却する人が多い昨今で、あまり近所の人に知られたくないという人も多いでしょう。しかし、リースバックは買い手である不動産会社やリースバック会社としかやり取りしないため、持ち家を売却しても一般公開されません。近所付き合いのことも考慮すると、リースバックは非常に魅力的な取引形態だと言えるでしょう。

余分なコストやリスクがかからない

持ち家を保有していると、固定資産税や修繕費など、さまざまなコストが発生します。車などほかの不動産を所有している人にとっては、固定資産税は大きな家計の痛手となるでしょう。しかし、リースバックすると不動産の所有権を手放すことになるため、固定資産税がかからなくなります。加えて、何かあった時の修繕費がかからなくなったり、災害時のリスクもなくなります。こうしたコストやリスクを負わなくて済む点も、リースバックの大きなメリットの一つです。

リースバックを利用すべきタイミング

借金返済、ローン返済をしたいとき

日本では、借金や各種ローンが滞ると持ち家などの不動産を任意売却したり競売で売却したりする必要があります。そうすると、所有していた不動産を完全に手放すことになります。しかし、リースバックを利用すると、賃貸契約になるため家賃の支払いは必要になるものの、売却により得た大きなお金で今の家に住み続けられます。

すぐにまとまった金額が必要なとき

例えば、開業するのに事業資金が必要だったり、子供の教育費や医療費がすぐに必要になったりした際にリースバックは有効です。先述しましたが、リースバック契約時には不動産会社と直接やり取りするため、短期間で不動産を現金化できます。加えて、リバースモーゲージとは異なり資金利用の用途に制限はないため、リースバックにより得た資金はさまざまなことに利用できます。

相続対策のため

リースバック契約を交わして持ち家の所有権を手放すことで、相続対策にも繋がります。不動産を相続するためにはさまざまな手続きが必要になり、かつ不動産はきれいに分割することなども難しい資産です。しかし、リースバックすれば、面倒な手続きを大幅に削減でき、現金化できるため資産の分割も容易になります。その場合、売却により得た資金は老後の生活費に充てるといいでしょう。

岐阜県の特徴

基本情報

岐阜県は、中部地方に位置する都道府県です。

日本の人口重心中央に位置し、日本で数少ない内陸県です。一般的には東海地方にも属しているとされており、愛知県と三重県とともに東海3県と称されています。県南部の濃尾平野一帯は、中京圏の中心地である名古屋市に近いことから、名古屋都市圏に含まれており、名古屋市の衛星都市でもあります。県の北部から中部は飛騨山脈や両白山地等が連なる日本有数の山地となっています。

  • 人口:約200万人
  • 転入人口:25,093人(2019年)
  • 年間降水量:2088.5mm
  • 降水日数:85日
  • 気温:平均17℃、最高気温39.2℃、最低気温-2.9℃

エリア別の特徴

美濃地方

美濃地方は、岐阜市、大垣市、羽島郡等があり、娯楽施設や企業が集中している岐阜県の経済の中心地です。気候は夏と冬の寒暖差が激しい点が特徴です。雪は年に数回程度しか降りません。美濃地方には岐阜弁と呼ばれる方言があり、あちこちから京都弁と名古屋弁を混ぜたような方言が聞こえてきます。

飛騨地方

飛騨地方は、美濃地方とはうって異なり豪雪地帯となっており、白川郷やスキー場などの観光地が集まっています。飛騨高山は、険しい山地に囲まれており、季節により大きく表情を変える魅力ある場所です。当然移住すると大変なことが多いですが、自然に囲まれて暮らしたい人にはピッタリのエリアだと言えます。

生活面での特徴

有効求人倍率が高い

岐阜県は全国的に見ても有効求人倍率が高いことが特徴です。昨今の社会情勢の中、日本のほとんどの自治体で有効求人倍率が低くなっており、岐阜県もその一つです。しかし、その中でも岐阜県は高い有効求人倍率を誇っており、2021年時点では1.84倍と、非常に高い倍率です。さらに岐阜県では未経験でも問題ない求人も多いため、新しいことに挑戦したい若者にも魅力的なまちだと言えるでしょう。

車社会

岐阜県は典型的な車社会です。車の普及率が高く、多くの職場で社用車が用意されています。通勤ラッシュの満員電車に乗ることによるストレスはなくなり、快適な通勤時間を過ごせます。車がない場合でも、バスや電車などの公共交通機関が充実しているため問題ありません。とくに岐阜市内は交通の便が発達しています。

岐阜県でリースバックを効果的に利用するために

リースバック契約前にしておくこと

契約書を事前に入念に確認し、契約期間を知っておく

リースバックの賃貸契約には、定期借家契約と普通賃貸借契約の二種類あることをご存知でしょうか。それぞれで契約期間が異なっており、ずっと住み続けられると思いリースバックしても思い通りにならないことがあります。とくに岐阜県でのリースバック普及度はまだまだ低いため、そうした知識がないままリースバック契約に踏み切ると非常に危険です。

売却価格とその後の賃料について比較検討を怠らない

リースバック契約前には、さまざまな不動産会社に足を運び、売却価格と賃料について比較検討しておきましょう。岐阜県の不動産価格は地域により大きく異なり、同時に査定する不動産会社によっても大きく異なります。「面倒だからこの不動産会社と契約しよう」という安易な考えではなく、しっかりと比較検討して利用する不動産会社を選定しましょう。

買戻し特約について事前に確認しておく

将来的に買い戻せるだろうと考えリースバックに踏み切る人もいるでしょう。岐阜県は持ち家率が高く、そのまま同じ家に住み続けたいという人も多いはずです。しかし、リースバック契約の中には、契約内容に買戻し特約について記載がない場合もあります。この特約の記載がないと、契約期間が終わってからは別の人が賃貸契約する予約があり、同じ家に住み続けられなくなってしまう可能性があります。事前に不動産会社に相談し、買戻し特約を交わしたうえでリースバックするようにしましょう。

岐阜県の不動産事情

  • 戸建て物件の平均売却期間:7.4ヶ月
  • 戸建て物件の平均売却価格:1,400万円
  • 一戸建て物件の値動き

成約数は増加していますが、単価が減少しています。しかし、在庫件数は増加しているため、相場価格に近い物件が売れやすい傾向になっています。

・戸建て物件で高く売れている物件の特徴

交通アクセスが良好な物件

築年数が5年以内の物件

  • マンションの平均売却期間:4.8ヶ月
  • マンションの平均売却価格:1,740万円
  • マンションの値動き

成約件数は増加していますが、単価が減少しています。一方、在庫件数は増加しているため、一戸建て物件と同様に相場価格に近いマンションが売れやすくなっています。

  • マンションで高く売れている物件の特徴

周辺環境がいいこと(住みやすい立地)

駅から徒歩10分圏内にある物件

築20年以内の新しい物件

岐阜県でリースバックするなら

この記事では、岐阜県のリースバックについての情報をまとめました。

この記事を見ているあなたが、もし岐阜県でリースバックを検討しているのであれば、先述したような、築20年以内の物件や駅に近い物件であるかどうかなどを確認してみてください。もしそうした物件に該当するのであれば、通常の不動産売却よりもリースバックのほうがお得に取引できるかもしれません。リースバック契約時には、大小さまざまな不動産会社に相談してみるといいでしょう。それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://iekon.jp/leaseback-real-estate/

https://iqrafudosan.com/companies/prefectures/21/land

https://www.career-on.jp/contents/6647/

https://omotenashi.work/column/migrate_guide/1271

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。