2023.10.18

日本三大地鶏の比内地鶏がある秋田県の魅力とリースバックについて知ろう!

Category

東北

Tags

東北地方の秋田県のリースバックをご紹介します。そもそもリースバックとはなにか?初めて聞いた人も、聞いたことあるけどどういうものかわからない人にも説明していきます。その上で県の数値情報や魅力をご紹介し、リースバックとの関連性を見ていきます。

リースバックのメリット、デメリットを知ろう!

リースバックとは、住宅所有者が自宅を売却し、そのまま借り続けるという方法です。リースバックを利用することで、住宅所有者は一時的に資金を調達したり、住宅ローンの返済を軽減したりすることができます。リースバックには、次のメリットがあります。

  • 即現金化
  • いつでも買い戻しが可能
  • 物件売却情報に公開されない
  • 固定資産税、リフォーム代がかからない

ただし、リースバックには次のデメリットもあります。

  • 売り上げ額が平均よりも安くなる
  • 住宅所有権を失う
  • 家賃が発生する

リースバックは、住宅所有者のニーズに合わせて利用できる便利な方法です。ただし、メリットとデメリットをよく理解した上で利用することが大切です。

教育水準の高い秋田県の基本情報と数値情報

秋田県は、東北地方の北西部に位置する県です。面積は11,638km²で、全国で6番目に広い県です。人口は936,319人(2022年1月1日現在)で、全国で38番目です。県庁所在地は秋田市です。

秋田県は、山間部と日本海に面した平野部に分かれており、自然が豊かな県です。秋田県には、日本一深い湖である田沢湖、日本一長いスキー場である八幡平スキー場、日本一美しい川のひとつである雄物川など、多くの観光スポットがあります。

秋田県は、米、お酒、リンゴ、山菜など、豊かな食文化が育まれています。秋田県は、秋田犬、秋田美人など、独特の文化も見られます。

秋田県は、自然と文化が豊かな県です。秋田県を訪れて、秋田の魅力をぜひ体験してください。

病院の数

秋田県の病院の数は病院の数が65件、診療所が599件、歯科医院が418件あります。

主要駅の乗降者数

一日の平均乗降者数は秋田県1,5506人 土崎駅は3558人、追分駅3014人、大曲駅2660人です。

幼稚園、保育園の数

秋田県の幼稚園の数は31件、 保育園44件あります。

突出した数値

  • 70歳以上働ける制度のある企業割合(21人以上規模企業) 日本一(令和三年度)  48.5%
  • 一人当たり県民所得の伸び率 日本一(令和元年度)2.7%
  • 一人当たり県内総生産(名目)の伸び率(令和元年度)1.6%
  • 重要無形文化財の件数 日本一(令和四年度) 17件

秋田県の観光スポットや観光地

①秋田県の観光スポット

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつりは、毎年8月3日~6日に秋田県秋田市で開催される祭りです。竿燈は、高さ約10mの竹竿の先に提灯をつけたもので、差し手と呼ばれる男性が頭や腰に担いで、さまざまな技を披露します。竿燈まつりは、江戸時代から続く伝統行ことであり、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

竿燈まつりの見どころは、差し手による華麗な技です。差し手は、竿燈を頭や腰に担いで、左右に振ったり、回したり、高く掲げたり、さまざまな技を披露します。竿燈は重さ約200kgもあり、非常に危険な技ですが、差し手は練習を積み重ね、見ことな技を披露します。

秋扇湖

秋扇湖(しゅうせんこ)は、秋田県仙北市田沢湖地区の玉川ダム下流にある人造湖です。湖面積は約1.2km²、最大水深は約40mです。玉川ダムの建設によって誕生した湖で、1970年に完成しました。

秋扇湖を訪れるなら、春か秋のシーズンに行くことをオススメします。

春は冬に積もった雪が解けることによってダムの水位があがる時期です。その際に秋扇湖に生えている木々も水位が上がることにより水没し、木の枝葉のみが現れます。これらの幻想的な景色は春にしか見られないので、見頃を逃さないよう注意が必要です。秋は紅葉シーズンとなるため、木々がきれいに色づき始めます。晴れた日はダムの水面に紅葉が映るため、写真映えする景色が見られます。

秋扇湖はフォトジェニックな方にオススメのスポットです。

秋田県ステーション

秋田駅からほど近くにある施設です。この施設の特徴は何と言っても秋田犬と会うことができる点にあります。秋田犬は、平昌五輪で金メダル獲得したザキトワ選手によって広く認知された犬です。秋田犬に会えることはできますが、ストレスなどを考えてふれあいは禁止となっています。

秋田犬ステーションにいる犬の多くが保護犬であり、里親を募集しています。犬好きだけでなく、犬を真剣に飼いたいと考えている人にもオススメのスポットです。

②秋田県の特産物、グルメ

あきたこまち

秋田県が開発した「あきたこまち」は、2001年に誕生した新しい品種の米です。コシヒカリを原種に開発され、コシヒカリの食味のよさに加えて、冷めてもおいしく、粘りが強いという特徴があります。また、秋田県の気候風土に適応した品種であり、病気に強く、収穫量も安定しています。

あきたこまちは、2006年に「秋田県のブランド米」に認定され、現在では全国的に広く栽培されています。また、2011年には「米の食味ランキング」で最高峰の「特A」評価を獲得し、そのおいしさが全国に知られています。

あきたこまちに合うおかずとしては、シンプルに漬物や酢の物などさっぱりとした味がオススメです。これらをおかずにすることで、あきたこまち本来の味を楽しめると思います。

地鶏

比内地鶏(ひないじどり)は、秋田県の北部、北秋田郡比内町で飼育されている地鶏です。古くから、その肉質の良さで知られており、江戸時代には「比内鶏」として献上品にまでなりました。そして現在では名古屋コーチン、薩摩地鶏と並んで、日本の三大地鶏として日本各地で愛されています。

また飼育期間が長く、ゆっくりと成長させることで、肉質が柔らかく、旨味が豊かになります。また、比内地鶏は、秋田県の自然豊かな環境の中で飼育されているため、抗生物質や成長ホルモン剤を使用しておらず、安心安全な鶏肉です。

食べ方としては少々抵抗があるかもしれませんが生でそのまま食べてみてください。比内地鶏はとても新鮮なため、そのまま食べることができます。焼き鳥や唐揚げなど定番の食べ方も美味しいですが、それらの食べ方では味わえない新たな鶏の美味しさを体験してください。

きりたんぽ

きりたんぽは、秋田県の郷土料理です。秋田県北部に位置する比内地方で古くから食べられており、現在では秋田県全域で食べられています。きりたんぽは、米粉と水を混ぜて練り、竹串に巻き付けて蒸し上げた料理です。蒸し上げたきりたんぽは、表面に焼き色を付け、醤油ベースのたれでいただきます。

きりたんぽを提供するお店は秋田県内にも多くありますが、基本的に家庭料理として普及しました。家で美味しいきりたんぽを食べたいという方はぜひ佐田商店のきりたんぽを取り寄せてみてください。新鮮な野菜や比内地鶏が使われており、老舗の味を簡単に家で再現することができます。

きりたんぽは、秋田県の食文化を代表する料理であり、その優しい味わいと香ばしさは、多くの人を魅了します。ぜひ一度きりたんぽを味わってみてください。

③治安の良さ

秋田県の犯罪発生率は、全国の都道府県の中で最も低い水準にあります。2021年の100万人あたりの犯罪発生件数は、914件です。これは、全国平均の1,590件の約6割にすぎません。

秋田県の犯罪発生率が低い理由は、いくつかあります。まず、秋田県は人口が少ないため、犯罪発生の機会が少ないことが考えられます。また、秋田県は治安が良く、住民の防犯意識が高いことも犯罪発生率の低さにつながっています。さらに、秋田県は警察の体制が充実していることも犯罪発生率の低さに貢献しています。

秋田県は、全国でも有数の安全な県です。犯罪発生率が低く、治安が良いため、安心して暮らすことができます。

④教育水準の高さ

秋田県の教育水準は、全国的に見ても高い水準にあります。以下が高水準なものです。

  • 小学六年国語の平均正答率 全国一位(令和一年度) 74%
  • 小学校六年数学の平均正答率 全国二位(令和一年度) 70%
  • 中学校三年国語の平均正答率 全国一位(令和一年度) 78%
  • 中学校三年数学の平均正答率 全国二位(令和一年度) 65%

このように全国でもトップクラスの成績を収めていることがわかります。

秋田県の教育水準が高い理由は、県内には多くの教育熱心な家庭があることです。秋田県は、田舎に暮らす家庭が多いため、子どもを教育にかける時間が十分にあるという特徴があります。また、秋田県は、教育に力を入れている地方や大手の塾が多いため、子どもの教育に必要な環境が整っているという特徴もあります。

また都内と比べてアミューズメント施設やゲームセンターなど勉強を妨げる施設が少ないことから、勉強に集中しやすいことも教育水準の高さにつながっていると考えられます。

秋田県は教育に力を入れていることから、子育て世代や子供を良い大学に行かせたい人にはオススメできる県と言えます。

地価を見て、リースバックすべきか判断しよう

リースバックを行う際には、住宅の価値が査定されます。住宅の価値は、地価や築年数、立地条件などによって異なります。そのため、地価が高い地域では、リースバックで得られる金額も高くなる傾向があります。

ただし、リースバックはあくまでも住宅を売却する方法であり、地価が下落した場合は、住宅の価値も下落することになります。そのためリースバックを行う際には、地価の動向を把握する必要があります。

秋田県の地価は、全国の都道府県の中で最も安くなっています。2022年1月1日時点の平均地価は、1平方メートルあたり3.5万円です。これは、全国平均の6.5万円の半分以下です。

秋田県の地価が安いため、住宅購入や土地購入にかかる費用が抑えられます。また、秋田県は生活費が安いため、家計に優しいです。そのため、秋田県は住みやすい県として人気が高まっていることから、地価の上昇が期待できます。

これらの地価の情報などを踏まえてリースバックを検討してください。

まとめ

いかがでしょうか秋田県は、山間部と日本海に面した平野部に分かれており、自然が豊かな県です。秋田県には、日本一深い湖である田沢湖、日本一長いスキー場である八幡平スキー場、日本一美しい川のひとつである雄物川など、多くの観光スポットがあります。秋田県は、米、地鶏、きりたんぽなど、豊かな食文化が育まれており、魅力溢れる県です。

以上、秋田県の魅力とリースバックについて説明しました。この記事を参考に、ぜひ秋田県でのリースバックを検討してみていただけたらと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

参考サイト

秋田県 https://www.pref.akita.lg.jp/

秋田県観光サイト https://akita-fun.jp/

あきた企業立地サポートガイド https://common3.pref.akita.lg.jp/kigyo-rich/index.html

JMAP 地域医療情報システム https://jmap.jp/

JR東日本 https://www.jreast.co.jp/

文部科学省 https://www.mext.go.jp/index.htm

全国地価マップ https://www.chikamap.jp/chikamap/Portal?mid=216

佐田商店 https://www.satanokiritanpo.com/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。