2023.10.18

さくらんぼや米沢牛が美味しい県!山形県の魅力とリースバックについて

Category

東北

Tags

東北地方の山形県のリースバックをご紹介します。そもそもリースバックとはなにか?初めて聞いた人も、聞いたことあるけどどういうものかわからない人にも説明していきます。その上で県の数値情報や魅力をご紹介し、今リースバックを行う理由を説明します。

リースバックは何か知ってみよう!

リースバックとは自宅を売却し、そのまま借り続けるという方法です。リースバックを利用することで、住宅所有者は一時的に資金を調達したり、住宅ローンの返済を軽減したりすることができます。リースバックには、次のメリットがあります。

  • 即現金化
  • いつでも買い戻しが可能
  • 物件売却情報に公開されない
  • 固定資産税、リフォーム代がかからない

ただし、リースバックには次のデメリットもあります。

  • 売上額が平均よりも安くなる
  • 住宅所有権を失う
  • 家賃が発生する

リースバックは、住宅所有者のニーズに合わせて利用できる便利な方法です。ただし、メリットとデメリットをよく理解した上で利用することが大切です。

日本一のさくらんぼ県!山形県の基本情報と数値情報

山形県は、東北地方の中央部に位置する県です。面積は9,323.15平方キロメートルで、人口は1,040,971人(2021年10月1日現在)です。県庁所在地は山形市です。

山形県は、北に秋田県、東に宮城県、南に福島県、西に新潟県と接しています。県内には、蔵王山、月山、鳥海山、朝日山など、多くの山々が連なっています。また、最上川や庄内平野などの豊かな自然に恵まれています。

山形県は、農業が盛んな県です。とくに米、さくらんぼ、ぶどう、ラ・フランスなどの果物が有名です。また、山形牛や米沢牛などの肉類も人気があります。

山形県には、多くの観光スポットがあります。蔵王温泉、湯涌温泉、山形城、月山高原、朝日山など、多くの観光地があります。

山形県は、自然豊かな美しい県です。また、美味しい食べ物や温泉も豊富で、観光にも人気の県です。

病院の数

山形県の病院の数は67件、診療所の数が723件、歯科医院の数が466件あります。

主要駅の乗降者数

山形駅の一日の平均乗降者数は 1,3868人、北山形駅は2702人、米沢駅は2678人、蔵王駅は1980人、新庄駅は1776人です。

幼稚園、保育園の数

山形県の幼稚園の数は35件、保育園の数は103件あります。

突出した数値

  • 一般世帯の平均人員 日本一2.61人 令和2年度
  • 三世代同居率(対一般世帯数) 日本一13.9% 令和2年度 
  • さくらんぼ収穫量 日本一 18,200t 令和4年度

ラーメンとワインが楽しめる温泉街!山形県の魅力

①観光スポット

・東山公園 あじさいの杜

東山公園 あじさいの杜は、山形県新庄市にある公園です。約45,000株のあじさいが植えられており、毎年7月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。園内には、芝生広場や散策路、展望台などがあり、ゆっくりと散策や休憩を楽しむことができます。また、毎年7月にはあじさいまつりが開催されます。

夏はとても暑く外にでるのが億くうになりがちですが、あじさいのきれいな景色を見て納涼してください。

南陽スカイパーク

山形の自然を全身で感じたい方はぜひ南陽スカイパークを訪れてみてください。南陽スカイパークは、山形県南陽市にあるパラグライダー・ハンググライダーの飛行場です。標高500mの十分一山と700mの高ツムジ山の2つの山にテイクオフポイントがあり、3方向への飛行が可能です。また、ランディングエリアは広く、周囲には障害物がないため、初心者でも安心して飛ぶことができます。

南陽スカイパークは、1993年に第3回女子ハンググライディング世界選手権の開催地となりました。また、毎年10月には「南陽スカイフェスティバル」が開催され、多くのパラグライダー・ハンググライダー愛好家が集まります。

スリリングな体験を味わいたい人、絶叫マシンが大好きな人はぜひ一度訪れてみてください。

赤湯温泉

赤湯温泉は、山形県南陽市にある温泉です。開湯は930年と古く、源義家の弟である源義綱が戦で負傷した兵士を湯に浸したところ、たちまち傷が治ったという伝説が残っています。赤湯温泉のお湯は神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え症、婦人病などに効果があるとされています。

この温泉の魅力は温泉とともにワインとラーメンを楽しめる点です。赤湯市はワイナリーが多く集まる市です。それぞれに特徴があり、ワインを楽しみたい方は酒井ワイナリーや大浦葡萄酒、ブドウ摘みも楽しみたい方は須藤ブドウ酒工場、お買い得で美味しいワインを買いたい人は佐藤ブドウ酒などがあります。ぜひワイナリー巡りをして頂き、自分の舌にあったワインを探してみてください。

次にラーメンですが、赤湯ラーメンがオススメです。1958年に龍上海が創業し、独自の辛味噌ラーメンを開発しました。赤湯ラーメンは、濃厚な味噌スープと辛味噌が特徴です。スープは、豚骨と鶏ガラをベースに、野菜や香辛料を加えて煮込んだものです。辛味噌は、赤湯特産の唐辛子と山形の赤味噌をブレンドしたもので、独特の辛さと旨味が特徴です。麺は、中太でコシがあり、スープとよく絡みます。

山形県内でも人気の高いラーメンで、赤湯温泉を訪れた観光客にもよく食べられています。赤湯ラーメンを食べた人は、その濃厚な味噌スープと辛味噌に魅了され、リピーターになる人も多いです。冬に訪れた際は寒い体に辛みそのスープが沁みる事間違い無しです。

ぜひ赤湯温泉を訪れた際は温泉だけでなく、ワインやラーメンも楽しんでください。

②特産物、グルメ

さくらんぼ

山形県は、サクランボの一大産地です。全国の収穫量の約40%を占めており、とくに「佐藤錦」という品種は、山形県を代表するサクランボとして知られています。

山形県のサクランボは、気候や土壌がサクランボの栽培に適しているため、甘みと酸味のバランスが良く、ジューシーで美味しいのが特徴です。また、山形県では、サクランボの栽培に力を入れており、生産技術や品種改良を進めています。

さくらんぼといえば佐藤錦のブランドが有名ですが実は多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

紅秀峰は佐藤錦に比べて、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。また、果肉が厚く、日持ちが良いのも特徴です。紅秀峰は、6月下旬から7月上旬にかけて収穫されます。またあの佐藤錦よりも多く栽培されている品種でもあります。

紅さやかは、佐藤錦に比べて、早生種で、6月上旬から中旬にかけて収穫されます。また、果実が大きく、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。

なんと2023年からデビューする新種もあります。

やまがた紅玉はなんと500円玉と同じ大きさの超大玉サクランボです。ただ大きいだけでなく、佐藤錦と同じ糖度であり酸味が少ないのが特徴です。やまがた紅玉は自分で食べるだけでなく、お歳暮などの贈り物にも最適だと思います。

これを機にぜひ佐藤錦以外のさくらんぼも食べてみてください。

米沢牛

米沢牛は、山形県米沢市周辺で飼育されている黒毛和牛です。米沢牛はきれいなサシが入っており、口に入れた瞬間とろけていき、脂の甘みや肉の旨味を感じることができます。全国でも高い評価を受けており、松阪牛、神戸牛、近江牛、飛騨牛と並んで日本五大牛と評されています。

米沢牛の食べ方としてはもちろんステーキや焼肉など素材の味をフルに活かした食べ方やすきやきなど味を付けて食べ方も美味しいです。しかしより山形を感じたい方は置賜風すきやきで食べるのがオススメです。

置賜風すき焼きは、山形県置賜地方で食べられているすき焼きの一種です。特徴は、野菜の上に肉をのせ、肉の上に割り下をかけます。割り下と野菜の水分が火に通ることで、必要以上に肉を煮込む必要がなく、肉の柔らかさを保てるため、米沢牛の良さを消さずにすきやきを楽しむことができます。

ぜひ米沢牛を通じて、山形のグルメを感じてみてください。

③充実した子育て支援

山形県は子育て支援や教育環境が充実しています。

山形県では、子育て家庭を支援するため、2009年から「やまがた子育て応援プラン」を策定しています。このプランは、子育てに切れ目なく行政支援を続けるための取り組み指針です。

子育て環境の整備では、保育サービスの拡充や子育て支援センターの設置、母子保健の充実などを行っています。子育て支援サービスの充実では、子育て支援センターの運営や子育て講座の開催、子育て情報の提供などを行っています。子育て支援情報の提供では、子育てに関する情報誌の配布や子育て相談窓口の設置などを行っています。

やまがた子育て応援パスポートは、山形県で子育てをする家庭を応援するためのパスポートです。このパスポートは、山形県内にある協賛店で割引やサービスを受けることができます。

やまがた子育て応援パスポートの対象者は、山形県内に住む生後から18歳までの子どもとその保護者です。パスポートは、山形県の各市町村の役所で無料発行できます。

子育て世代のほとんどが子育てに慣れていない人や金銭的に不安を抱えている人が多いです。そのため行政サポートや金銭的援助が豊富な山形県は子育てにピッタリです。

充実した子育て支援がある山形県の地価を知ろう

リースバックを行う際には、住宅の価値が査定されます。住宅の価値は、地価や築年数、立地条件などによって異なります。そのため、地価が高い地域では、リースバックで得られる金額も高くなる傾向があります。

ただし、リースバックはあくまでも住宅を売却する方法であり、地価が下落した場合は、住宅の価値も下落することになります。そのためリースバックを行う際には、地価の動向を把握する必要があります。

山形県の地価は、2023年1月1日時点で、住宅地の平均価格は1平方メートルあたり11万8,000円です。これは、全国平均の13万1,000円に比べると低い水準です。山形県の地価は、2012年から2015年までは減少傾向でしたが、2016年から2022年までは上昇傾向にあります。これは、山形県の経済が好調なことや、首都圏へのアクセスが向上していることなどが要因と考えられます。

山形県の地価は、市町村によって異なります。最も地価が高い市町村は山形市で、平均価格は1平方メートルあたり21万2,000円です。次に地価が高い市町村は米沢市で、平均価格は1平方メートルあたり17万1,000円です。地価が最も低い市町村は白鷹町で、平均価格は1平方メートルあたり7万7,000円です。

これらの地価の情報などを踏まえてリースバックを検討してください。

まとめ

以上山形県の魅力とリースバックについて説明しました。この記事を参考に、ぜひリースバックを検討してみていただけたらと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

参考サイト

山形県 https://www.pref.yamagata.jp/

やまがたへの旅 https://yamagatakanko.com/

おいしい山形 https://www.yamagata.nmai.org/

JMAP 地域医療情報システム https://jmap.jp/

JR東日本 https://www.jreast.co.jp/

文部科学省 https://www.mext.go.jp/index.htm

全国地価マップ https://www.chikamap.jp/chikamap/Portal?mid=216

土地代データ https://tochidai.info/

統計情報リサーチ https://statresearch.jp/

三井のリハウス https://www.rehouse.co.jp/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。