2023.10.18

東北地方最大の都市!宮城県に土地を持ち、リースバックを考えている皆様へ

Category

東北

Tags

宮城県とリースバックをご紹介します。そもそもリースバックとはなにか?初めて聞いた人も、聞いたことあるけどどういうものかわからない人にも説明していきます。その上で宮城県の数値情報や魅力をご紹介し、リースバックのメリット、デメリットを説明します。

リースバックとはなにか?

リースバックとは、住宅所有者が自宅を金融機関に売却し、その売却代金で住宅ローンを完済した後に、そのまま賃借する仕組みです。リースバックを利用することで、住宅ローンの返済負担を軽減したり、手元にまとまった資金を得たりすることができます。

リースバックのメリットは、以下の通りです。

  • 住宅ローンの返済負担を軽減できる
  • 手元にまとまった資金を得ることができる
  • 引越しの必要がない
  • 住宅をそのまま所有することができる

リースバックのデメリットは、以下の通りです。

  • リース料金が住宅ローンよりも高くなる可能性がある
  • 解約時に住宅を買い戻す必要がある
  • リース料金が支払えなくなった場合、住宅を失う可能性がある

リースバックを検討する際は、メリットとデメリットをよく理解し、自分に合った選択肢かどうかを慎重に判断する必要があります。

リースバックは、住宅ローンの返済に困っている方や、手元にまとまった資金が欲しい方にとって、有効な選択肢の一つです。ただし、リースバックにはデメリットもありますので、慎重に検討する必要があります。

リースバックを検討する場合は、以下の点に注意してください。

  • リース料金が住宅ローンよりも高くなる可能性があるため、リース料金と住宅ローンの支払い額を比較検討してください。
  • 解約時に住宅を買い戻す必要があるため、買い戻す資金が用意できないと住宅を失う可能性があるため、リース料金が支払えなくなった場合のリスクを理解しておいてください。
  • リース料金が支払えなくなった場合、住宅を失う可能性があるため、リース料金の支払いを滞納しないようにしてください。

宮城県の基本情報と数値情報

基本情報

宮城県は、東北地方の南東部に位置する県です。県庁所在地は仙台市です。人口は約220万人で、東北地方で最も人口が多い県です。

宮城県は、太平洋に面した平野部と、奥羽山脈に連なる山間部に分かれています。平野部は、農業や工業が盛んで、仙台市周辺は人口密度の高い都市部となっています。山間部は、林業や観光業が盛んで、蔵王連峰や鳴子峡などの観光地があります。

宮城県は、東北地方の経済・文化の中心地であり、多くの企業や大学が立地しています。また、仙台市は、東北地方で最も人口が多い都市であり、国際空港や新幹線駅が設置されています。

宮城県は、豊かな自然と歴史・文化が魅力の県です。観光地も多く、多くの人が訪れる県です。

主要駅の乗降者数

仙台駅122,988人、あおば通駅36,464人、名取駅19,608人、長町駅13,836駅です。

〈病院の数

宮城県の病院の数は135件、診療所の数が1414件、歯科医院が1044件あります。

幼稚園、保育園の数

宮城県の幼稚園の数は、2022年4月1日時点で753園です。保育園の数は、2022年4月1日時点で1,011園です。

突出した数値

  • 生鮮カツオ水揚量日本一 19,775t  
    • 生鮮メカジキ水揚量日本一 2182t               
    • セリ出荷量 日本一 391t
    • パプリカ出荷量 日本一 1188t

地域別の特徴と魅力

仙台都市圏

仙台都市圏は、東北地方の南部に位置する仙台市を中心とした都市圏です。人口は約220万人で、東北地方で最も人口が多い都市圏です。

仙台都市圏は、緑豊かな自然と歴史・文化が魅力の都市圏です。仙台市内には、国宝である瑞鳳殿や、春の花見で有名な定禅寺通りなど、多くの観光スポットがあります。また、仙台市周辺には、蔵王連峰や鳴子峡などの自然豊かな観光地も多くあります。

仙台都市圏は、交通の利便性も高い都市圏です。仙台空港は、国内主要都市への直行便が就航しており、仙台駅は東北新幹線や在来線のターミナル駅です。

仙台都市圏は、住みやすく、暮らしやすい都市圏です。子育て支援や教育環境が充実しており、治安も良いです。また、食事もおいしく、お好み焼きや牛タンなどの名物料理が豊富です。

仙台都市圏は、東北地方の中心都市として、経済・文化・教育・交通の拠点となっています。また、緑豊かな自然と歴史・文化が魅力の都市圏です。仙台都市圏は、住みやすく、暮らしやすい都市圏として、多くの人から注目されています。

仙台都市圏は、東北地方の中心都市として、多くの魅力を兼ね備えた都市圏です。仙台都市圏に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。

気仙沼・本吉圏

気仙沼・本吉圏は、宮城県の東部に位置する気仙沼市と本吉郡の1市5町で構成される地域です。面積は約1,300平方キロメートル、人口は約12万人です。

気仙沼・本吉圏は、日本三景の一つである松島湾を有する美しい海岸線と、豊かな自然に恵まれた地域です。また、気仙沼市は、東日本大震災からの復興を進めるとともに、観光振興や産業振興に力を入れています。

以下に、気仙沼・本吉圏の代表的な観光スポットや名物料理をいくつかご紹介します。

  • 松島湾
  • 気仙沼大島
  • 唐桑半島
  • 本吉温泉
  • 気仙沼のホヤ
  • 気仙沼のマグロ
  • 気仙沼のせんべい
  • 気仙沼のラーメン

気仙沼・本吉圏は、海の幸、山の幸に恵まれた地域です。美味しい食事や美しい景色を楽しみながら、気仙沼・本吉圏の魅力を体験してください。

栗原圏

栗原市は、宮城県の北東部に位置する市です。面積は約800平方キロメートル、人口は約10万人です。

栗原市は、豊かな自然に恵まれた地域です。東にくりこま山地、西に北上川が流れています。また、市内には多くの農業用水路が張り巡らされており、水田が広がっています。

栗原市は、東北地方の食の宝庫です。栗原市産の米は「みちのく米」と呼ばれ、全国でも高い評価を受けています。また、栗原市産の牛肉は「黒毛和牛」と呼ばれ、柔らかくて美味しいと評判です。

栗原市は、歴史と文化が豊かな地域です。市内には、多くの神社や寺院があります。また、栗原市は、戦国時代には伊達政宗の居城であった「栗原城」の城跡があります。

栗原市は、東北地方の北東部に位置する、魅力あふれる地域です。栗原市に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。

登米圏

登米圏は、宮城県の北東部に位置する地域です。面積は約1,000平方キロメートル、人口は約6万人です。

登米圏は、豊かな自然に恵まれた地域です。北に蔵王連峰、南に阿武隈山地が連なり、中部には田園風景が広がっています。また、登米圏は、東に太平洋に面しており、海岸線には多くの海水浴場やマリンレジャー施設があります。

登米圏は、歴史と文化が豊かな地域です。登米圏には、多くの神社や寺院があり、その中には国宝や重要文化財に指定されているものもあります。また、登米圏は、江戸時代の城下町として栄えた歴史があり、多くの歴史的建造物が残っています。

登米圏は、東北地方の北東部に位置する、魅力あふれる地域です。登米圏に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。

石巻圏

石巻市は、宮城県の東北部に位置する市です。面積は約700平方キロメートル、人口は約19万人です。

石巻市は、東日本大震災で大きな被害を受けましたが、復興を進めています。現在は、多くの観光スポットや名物料理が楽しめる魅力的な都市です。

石巻市は、自然、食、歴史、文化が豊かな地域です。石巻市に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。

大崎圏

大崎圏は、宮城県の南東部に位置する地域です。面積は約2,000平方キロメートル、人口は約12万人です。

大崎圏は、豊かな自然に恵まれた地域です。東に太平洋に面しており、海岸線には多くの海水浴場やマリンレジャー施設があります。また、大崎圏は、西に奥羽山脈に連なる山間部になっており、山岳リゾートや登山道が整備されています。

大崎圏は、歴史と文化が豊かな地域です。大崎圏には、多くの神社や寺院があり、その中には国宝や重要文化財に指定されているものもあります。また、大崎圏は、江戸時代の城下町として栄えた歴史があり、多くの歴史的建造物が残っています。

大崎圏は、東北地方の南東部に位置する、魅力あふれる地域です。大崎圏に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。

仙南圏

仙南圏は、宮城県の南部に位置する地域です。面積は約1,400平方キロメートル、人口は約10万人です。

仙南圏は、豊かな自然に恵まれた地域です。東部は太平洋に面しており、西部は奥羽山脈に連なる山間部になっており、山岳リゾートや登山道が整備されています。また、仙南圏は、多くの河川が流域にあり、豊かな水資源に恵まれています。

仙南圏は、歴史と文化が豊かな地域です。仙南圏には、多くの神社や寺院があり、その中には国宝や重要文化財に指定されているものもあります。また、仙南圏は、江戸時代の城下町として栄えた歴史があり、多くの歴史的建造物が残っています。

仙南圏は、住みやすく、暮らしやすい地域です。治安が良く、教育環境も充実しています。また、仙南圏は、多くの公園や図書館があり、子育てしやすい環境が整っています。

仙南圏は、東北地方の南部に位置する、魅力あふれる地域です。仙南圏に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。

宮城県の地価を見て、リースバックすべきか判断しよう

リースバックを行う際には、住宅の価値が査定されます。住宅の価値は、地価や築年数、立地条件などによって異なります。そのため、地価が高い地域では、リースバックで得られる金額も高くなる傾向があります。

ただし、リースバックはあくまでも住宅を売却する方法であり、地価が下落した場合は、住宅の価値も下落することになります。そのためリースバックを行う際には、地価の動向を把握する必要があります。

宮城県の平均地価相場は、2023年1月1日現在で、1平米あたり18万円です。これは、全国平均の1平米あたり19万円を下回っています。宮城県の地価は、2011年の東日本大震災の影響で大きく下落しましたが、その後は徐々に回復しています。

宮城県の平均地価は、市区町村によって大きく異なります。仙台市は、宮城県の県庁所在地であり、人口が最も多く、経済活動が盛んな地域です。そのため、宮城県の平均地価は、仙台市が最も高く、1平米あたり27万円です。一方、東日本大震災で大きな被害を受けた石巻市や気仙沼市の平均地価は、1平米あたり10万円以下と低くなっています。

宮城県の平均地価は、今後も徐々に上昇していくと予想されています。しかし、東日本大震災の影響で、地価の回復は緩やかになると考えられます。

これらの地価の情報などを踏まえてリースバックを検討してください。

まとめ

いかがでしょうか今回は宮城県の魅力とリースバックについての情報をまとめていきました。この記事を参考に、ぜひ宮城県でのリースバックを検討してみていただけたらと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

参考サイト

宮城県 https://www.pref.miyagi.jp/

三井のリハウス https://www.rehouse.co.jp/

JMAP 地域医療情報システム https://jmap.jp/

JR東日本 https://www.jreast.co.jp/

全国地価マップ https://www.chikamap.jp/chikamap/Portal?mid=216

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。