2023.10.18

【福島県】農業大国福島県でリースバックすべき理由とは!?

Category

東北

Tags

「固定資産税などの負担が大きくて悩んでいる」

「老後のためにまとまった資金が欲しい」

このようなライフステージごとに抱えている悩みがある人にはリースバックをオススメします。今回は、福島県におけるリースバック事情に関してご紹介します。福島県でリースバックすれば、非常にお得にリースバックできます。福島県に住んでいて、リースバックして大きな資金を得たい人や、固定資産税で二度と悩みたくない人などは、ぜひ最後までご覧ください。

リースバックとは

リースバック

リースバックとは、自宅などの不動産を売却し、現金化した後でも住み続けられるサービスのことを指します。「セールアンドリースバック」と呼ばれることもあります。主に資金調達を目的としてリースバックは利用され、不動産会社、ファイナンス会社などが実施していることが多いようです。簡単にイメージしやすいように話すと、「購入していた自宅を売却し、その後は賃貸として同じ家に住み続ける」というようなイメージです。不動産会社やファイナンス会社などの事業者を通じて、自宅の売却と賃貸をします。契約の種類にはいくつかあり、場合によっては売却した自宅を買い戻せる場合もあります。リースバックは、不動産の所有権が変わるなど、所有権などに関する契約内容が発生しますが、住み慣れた自宅で生活しながらもまとまった資金(現金)を得られます。

流れ

①不動産売却

まずは、現在あなたが所有している自宅や土地などの不動産を売却します。手放すようなイメージがあるかもしれませんが、リースバックするための売却ですので、今までと変わらず利用できます。

②代金支払い

売却すると、当然ながら売却先の不動産会社やファイナンス会社などの事業者から代金が支払われます。基本的に一括で支払われることが多いため、いきなりまとまった資金を得られます。こうした資金調達する目的でリースバックする人が多いようです。

③賃貸物件として貸し出される

その後、売却先の事業者と賃貸契約(リース契約)を結びます。すぐに契約を交わすことになるため、仮に自宅をリースバックしようとしても、住めなくなる期間は基本的にないため安心してください。加えて、同じ家に住み続けることになるため、引っ越しなどは不要で周囲の目を気にする必要もありません。

④家賃の支払い

所有していた不動産には、当然ながら月々の支払いは発生しません。しかし、リースバックするとなると、家賃などの月々の支払いが発生するようになります。そのため、契約を交わした時点で月々の支払いを始めます。

こうしてリースバック契約の手順は以上になります。

こんな人にオススメ

①相続資産対策

リースバックは、相続資産対策として行われることが多いようです。若いうちに相続対策をしておきたい人や、独身であるため独身のうちに整理しておきたい人、子供や家族がいる人は平等に資産を残してあげたい、というような事例があります。自身で不動産を所有していれば、なかなかその分配が難しく、相続関係でもめることもあるでしょう。そうしたリスク回避のためにリースバックは便利だと言えます。

②今の家に住み続けたいけど余裕がない・・

現在保有している現金資産が少なく、子供の教育や欲しいもののために現金が必要になることがあるでしょう。そうした際にリースバックは効果的です。一括で現金が手元に入るため、資金に余裕を持たせられ、かつ今住んでいる家の転居も不要です。加えて、家族関係で言うと、離婚する際に所有権の関係で自宅を売却する必要があるが、今の住み慣れた家を手放したくないという人にもオススメできます。所有権を手放しつつも、新たなリースバック契約を交わすことで、現在住み慣れた家にそのまま住み続けられるのです。

③老後資金の確保

国会で「老後のために2,000万円貯金しておく必要がある」とささやかれていましたが、老後の資金について不安に感じている人も多いのではないでしょうか。定年退職した後、年金暮らしになることから不安に感じる人も多いでしょう。そのような人にはリースバックをオススメできます。定年を機にリースバック契約を交わし、一定の家賃は支払いつつも大きな資金を得られるため、不安の払しょくになるでしょう。60歳を過ぎると、急な病気により、突然の出費がかさむこともあるでしょう。そうした緊急の場合に備えて資金を蓄えておくこともいいのではないでしょうか。

リースバックのメリット

①まとまった資金を得られる

通常の不動産売却であれば、買い手の募集や手続き等に時間がかかり、売却しようとしても代金を得るのに多くの時間がかかってしまいます。しかし、リースバックであれば、リースバックする事業者側が一括現金で買い取ることが多いため、資金調達までの時間がかかりません。そのため、できるだけ早くまとまった資金を得たい人に非常にオススメできるアクションです。

②自宅の維持管理コストがかからなくなる

自宅を所有していれば、多くの維持管理コストがかかります。とくに税金関係に関しては多くのコストがかかります(固定資産税、修繕費、都市計画税など)。しかし、リースバックすれば、建物の維持管理は事業者が行うため、そうしたコストを大幅に削減できます。家賃こそかかるものの、災害時のリスクや各種の手間を考慮すると、リースバックは賢明な策だと言えるでしょう。

③引っ越ししなくていい

通常、自宅を売却しようとしても新たな転居先を探したり、引っ越し業者を手配したりなどの手間がかかります。一方、リースバックすれば、そうした手間をかける必要がありません。生活環境は変わらないため、ストレスなく手軽に不動産売却できるというメリットがあります。加えて、近隣住民に売却したと知られることもないため、そうした不安や懸念がある人にとっても安心です。

福島県の特徴

概要

福島県は、東北地方の最南端に位置する都道府県です。面積は日本で3番目に大きく、自然の美しさと歴史的な背景を持ちあわせる県です。西部は山岳地帯で、東部は太平洋沿岸に広がる平野があります。代表的な山には、会津駒ヶ岳などがあります。産業に関しては、とくに米や野菜の生産が盛んであり、全国に名を知られる福島牛などの特産品もあります。また、福島県は歴史的な背景を持っています。会津地方では、戦国時代から江戸時代初期まで会津藩の支配下となっており、激しい戦や戦国武将たちの活躍の場となりました。戊辰戦争の舞台ともなりました。最近では、東日本大震災の被害を大きく受けたことでも有名です。福島第一原子力発電所の事故は、世界的に知られ、原発の事故による避難や除染作業が今でも続いています。福島県は観光地としてもうってつけの場所です。会津若松の歴史的な建造物や博物館、猪苗代湖などが人気の観光スポットです。温泉地も多く、疲れた心と体を癒せる場所でもあります。福島県は、東京から新幹線や在来線を利用してアクセスできます。福島市や郡山市、会津若松市が主な交通拠点となっています。

エリア

福島県の西側に位置する会津地方には、磐梯山や猪苗代湖、尾瀬国立公園などの観光・お出かけ地があります。夏は山間部が多いため冷涼ですが、盆地の部分になると夏の熱気が溜まり蒸し暑くなります。冬は積雪が多く、気温も東北地方の平均並みに低くなります。

福島県の東側に位置する浜通りは、太平洋側の気候の影響を受けるため、夏は冷涼な季節風の影響で涼しく、冬は温暖で降雪量はそこまで多くありません。このエリアにはいわき市があり、有名な国宝白水阿弥陀堂があります。

福島県の中央部の仲通りエリアは、山間部が多いため夏はそれほど熱くありません。冬は降雪が多いため注意が必要です。人気の観光スポットであるあぶくま洞があります。

産業

①農業

福島県は「農業王国」と呼ばれるほど農業が盛んなエリアです。福島県では、地域ごとに野菜、畜産などさまざまな農産物が作られています。具体的には、西部の会津盆地や中部の郡山盆地では稲作、北部の福島盆地ではナシやモモなどの果物の生産、工芸作物の栽培などが行われています。しかし、2011年の東日本大震災の福島第一原子力発電所の事故により、農作物の生産に大きな影響を受けました。一部の作物から一定基準量以上の放射線量が検出されたことにより、全国から大きな風評被害を受けたのです。現在でもこの風評被害が根深くあり、大打撃を受けています。栽培方法の工夫を施し発信するなどして、福島県の農業再生へ懸命に取り組んでいます。

②水産業

福島県は水産業も盛んな県です。福島県の沖合は、寒流と暖流がぶつかる黒潮であり、小名浜港を中心にカツオ漁やイワシ、サンマ漁などが盛んです。東日本大震災以降、海に出てからの漁は禁止されていましたが、2013年から試験操業が再開され、徐々に復興に向けた取り組みが進められています。

③商業

福島県の主な都市は、県庁所在地の福島市、郡山市、いわき市になります。この各自治体は人口約30万人であり、福島県の経済の中心となっています。とくに郡山市は、新幹線の各駅や福島空港、高速道路のICなど交通インフラが整っていることから、交通の要所として重役を果たしています。いわき市は県内で最も面積が多く、人口も最も多い自治体です。いわき市は江戸時代から炭鉱の街として栄えてきて、その際に流入してきた人々が大量にいたことから、現在の人口量に至りました。いわき市内にあるスパリゾートハワイアンズは、東日本大震災の被害を受けましたが、日本有数のレジャー施設として人気を集めています。

福島県でのリースバック

福島県でリースバックを行っている不動産会社はそこまで多くないようです。しかし、リースバック事業を取り扱っている事業者は、気軽に相談できることが多く、相談会なども頻繁に実施しています。リースバックを取り扱っている事業者は、福島県の主要都市である福島市、郡山市、いわき市に多いようです。福島県でリースバックするのであれば、まずはこの3自治体の不動産会社やファイナンス会社に足を運び、相談してみるといいでしょう。

まとめ

  • 早急に資金を集めたい人、税金対策をしたい人にリースバックはオススメ
  • 福島県は農業王国として知られている都道府県
  • 福島県でリースバックするのであれば、主要三都市へ足を運ぶことがベター

参考

https://www.fundex.co.jp/kojin/product/leaseback/3_flow.html

https://www.resonabank.co.jp/kojin/column/freeloan/column_0002.html

https://www.homemate.co.jp/town/pr-fukushima/

https://www.wired-inc.co.jp/blog/378/

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。