2023.10.18

三大花火大会の長岡花火大会で有名な新潟県でリースバックする際に注意すべきポイントとは‥??

Category

中部

Tags

  • 新潟県でまとまった資金が欲しいと考えている
  • 新潟県でリースバックを検討している
  • リースバックってどんなものかわからない

このようなことを考えたことがあれば、ぜひこの記事を最後までご覧ください。この記事では、リースバックの詳細や、新潟県でリースバックする際に注意すべきポイントなどをまとめています。この記事を最後まで読んで、リースバックについて詳しくなり、身近な友人や家族に教えてあげましょう。

リースバックの特徴

住宅のリースバックとは

住宅におけるリースバックとは、自身が保有している住宅を売却して現金を得て、売却後は家賃を支払うことで住んでいた住宅にそのまま住み続けられるサービスのことを指します。リースバックという取引形態を利用する際には、リバースモーゲージなどほかの手法とも比較し、リースバックという取引形態が自身のニーズと合致しているか熟考したうえで判断しましょう。加えて、売買と賃貸借の契約内容にも十分理解したうえで、必要に応じてご家族や親族とも相談を重ねて検討するようにしましょう。

リースバックの特徴

住み慣れた住宅に住み続けられる

住み慣れた住宅に住みながらまとまった資金を手に入れられる手法としては、リースバック、リバースモーゲージ、通常の売却を選んで契約締結後に決済し引き渡し時期を事業者と相談する方法があります。自分のライフプランに合わせて、それぞれの特徴を理解したうえでリースバックという選択肢をとるべきか判断しましょう。

※リバースモーゲージとは、自宅を担保にして金融機関から融資を受ける方法のことを指します。主に遺産相続の問題の対策としてシニア世代が利用するケースが多いようです。

固定資産税などのコスト負担は軽減されるが、その分家賃が発生する

自宅を所有していると、固定資産税や修繕費など、さまざまなコストがかかります。しかし、リースバックの場合であれば、不動産会社やファイナンス会社が所有権を抱えているため、契約条件によってはこうしたコストはかからなくなります。家賃の支払いには上記の修繕費も含まれているため、家主が負担するさまざまなストレスやコストを考慮すると、リースバックという選択肢はいい選択肢かもしれません。

自由に改装したり、希望の期間住めなくなったりする可能性がある

リースバック契約を交わすと、通常の賃貸と同じ契約形態になるため、家賃を支払って住むことになります。そうすると、自分の持ち物ではなくなるため、自由に部屋の内装を変えたり、リフォームできなくなったりします。加えて、元の家主が希望してもずっと住み続けられない可能性もあります。リースバック契約の内容が「定期借家契約」であれば、契約で定められた期間のみ住めるようになるため、契約の満了期が生じます。家主(事業者)と元の家主(消費者)との双方間の合意があれば、再契約することで契約は続き、そのまま住み続けられますが、必ずしもすべてその通り行くとは限りません。貸主が再契約を拒んだ場合には、おのずと退去する必要性が生じます。

契約条件に注意しなければ買戻しができない場合がある

リースバックの契約次第では、リースバック契約後も買戻しができる契約もあります。しかし、必ずしもすべてがそうというわけではなく、買い戻せる条件や買戻し価格によっては、買い戻せない可能性があります。買戻しができる点はリースバックする上で大きなメリットですが、契約時に買戻しオプションに関して入念に確認しておかなければ、思わぬトラブルが生じることもあります。

リースバックの利用例

高齢者施設に住み替える場合

自分や家内が高齢となり、高齢者施設に住み替えるようになった場合にリースバックは効果的です。老後の資金、高齢者施設などへの支払いは年金から抽出しようとしていても、一時金の支払いなどが発生すれば、なかなか資金が足りないこともあるでしょう。その際リースバックを利用することで、まとまった資金を確保できるうえに、高齢者施設入居までの期間住み替える必要もありません。施設入居後に居住していない住宅の管理をしたくなかったり、入居前にまとまった資金が欲しかったりする場合には、リースバックは効果的なのです。施設に入居可能となり次第施設に転居できるよう、数年間の定期借家契約としておくこともオススメです。

家の建て替え資金が欲しい場合

例えば、高齢の両親と自分の家庭とで二世帯住宅にすることを決意し、新しい住宅を建築することになったとします。その場合、現在住んでいる自宅が不要となり、かつ新しい家を建てることになるためまとまった資金が必要となります。こうした時にリースバックは効果的です。自宅を売却して新しく資金を得ようとすれば、売却して新しい家に住むまでに一定期間の間が生じます。そのためだけに住み慣れていない物件に転居することは大きな負担となるでしょう。新しい家が完成するまで今と同じ環境で住み続けるために、リースバックを利用するのです。こちらも定期借家契約を交わしていれば、新しい家が建った後は手放せるようになります。このように、自宅の売却代金を新築住宅の建築資金に充て、建て替えまでの期間で定期借家契約を交わすことで、精神的にも肉体的にも負担は少なく生活できるのです。

新潟県の概要

新潟県の基本情報

新潟県は、中部地方に位置する県で、県庁所在地は新潟市になります。新潟県の面積は約12km²で、47都道府県の中では5番目に大きな都道府県です。人口は約210万人で、47都道府県のうち15番目に多い都道府県です。地域区分としては中部地方として扱われることが多いですが、細分化して北陸地方として扱われることもあります。新潟県の主な都市としては、新潟市、長岡市、上越市が挙げられます。新潟市は人口80万人ほどの自治体で、県庁所在地でもあり、政令指定都市です。長岡市は、人口26万人ほどの自治体で、施行時特例市に指定されています。上越市は人口19万人ほどの自治体で、上越地方の中心的な都市となっています。気候に関しては、県内全域が日本海側気候に属しています。豪雪地帯、特別豪雪地帯の指定を受けており、冬季は日照時間が短く大量の雪が降り積もります。晩春から秋にかけては日照時間が長く、晴天の日が多いようです。とはいえ、とくに山間部の降雪量は世界的に見ても有数で、市街地であっても積雪量が2mを超える場合もあります。夏季の気温は高く、平均24〜26℃の範囲であり、これは関東地方に近い水準です。台風シーズンにはフェーン現象の影響を大いに受け、異常な高温を観測する日もあります。

新潟県の特徴

縦に長い新潟市は、上から下越地方、中越地方、上越地方、佐渡地方の4つに分かれています。

新潟県には、国際会議や展示会が開催可能なMICE施設が充実しています。温泉も楽しめる旅館やホテルがあったり、歴史的建造物でのMICE開催を誘致し、MICE主催者のニーズに合わせた開催が可能であったりするエリアです。近年では頻繁に新潟県でMICE会議が開催されています。

新潟県は、上越新幹線と北陸新幹線、新潟県の空の玄関口である新潟空港、高速道路網などの交通ネットワークが非常に多くあります。東京から上越新幹線を利用すれば、約1時間半で新潟市にアクセス可能です。新潟空港からは、札幌や名古屋、福岡などの地方主要都市と繋がっており、日本各地へのアクセス環境も良好です。

新潟県は、海や山などの自然環境に恵まれ、四季折々でさまざまな体験ができます。春には県の花であるチューリップなどの花が咲き誇り、各地でお花に関するフェアが開催されます。夏には日本産大花火大会である長岡花火大会が開催されたり、海水浴を楽しめたりして、県外からも多くの観光客が訪れます。秋には紅葉や食に関して楽しめます。冬には雪が多く降り積もり、物語のような世界観で包まれます。新潟県の「食」にも注目すべきでしょう。肥沃な土地と雪解け水を利用して作られる新潟米は、日本有数の生産量で全国各地に出荷されています。日本一の酒蔵数を誇る日本酒や日本海の荒波にもまれた海の幸など、さまざまな食を楽しめる点もポイントです。

新潟県では、食品や清酒、機械産業、繊維産業などそれぞれの地域の特性に合った地域産業が盛んです。加えて、国内外でトップシェアを誇る技術や競争力を持つ企業が多く新潟県に進出しています。とくに先述した酒蔵に関しては、日本一の酒蔵数であり、酒蔵見学ができたり、工場見学ができたりする企業が増えています。

新潟県でリースバックする際の注意点

強引な契約で契約してしまう

とくに新潟市などの主要都市の駅付近では、地元の不動産会社や大手の不動産会社がよくリースバックの勧誘をしています。新潟市には北陸エリアの若者や家族世帯が多く集まるため、そうした人をターゲットに頻繁に声掛けが行われています。そうした勧誘に負けておそるおそるリースバック契約を交わしてはいけません。こうした場合、解約金が異常に発生したり、後から思いがけないトラブルが発生したりします。本当に自分が必要な場合のみ、リースバック契約を利用するようにしましょう。

当初思っていた話とは違う賃貸借条件での契約を交わしてしまう

リースバック契約は、最近になって注目されてきた不動産取引形態であるため、地方の新潟県ではあまり浸透していない契約形態です。そのため、そもそも不動産会社自体がリースバックに詳しくなく、曖昧な契約を交わされる可能性があります。とくに定期借家契約や買戻しに関するトラブルが多いようです。何度も話しますが、契約前に事前に条件確認を入念に行うようにしましょう。

最後に

  • リースバックは事前に条件をよく確認してから判断すべき
  • 新潟県は、夏は好天な日が多く、冬は世界的に見てもまれな豪雪地域である
  • 新潟県でリースバックする際には、信頼できる事業者を選んだり、その場の空気感で判断しないようにしたりすることが重要である

今回、新潟県のリースバック情報に関してまとめましたが、いかがでしたでしょうか。新潟県の新潟市は北陸地方でも有数の都市であり、中心的な役割を果たしています。とはいえ、リースバックの普及度はまだまだ低く、認知されていないことも多いようです。新潟県でリースバックする際には、実績のある業者を選び、慎重に契約を交わす必要があるでしょう。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001489269.pdf

https://www.niigatakankou-mice.jp/charm/

https://ng-life.jp/food/17919/

https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kouhou/1195575337464.html

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。