2023.10.18

売却価格上昇中!富山県に住んでいる人はリースバックを検討すべき!

Category

中部

Tags

売却価格が上昇している富山県でリースバックを検討してみませんか?

この記事では、富山県でリースバックを検討している人のために、富山県の情報やリースバック時に注意すべき項目をまとめました。最近のリースバック事情や、富山県のリースバックにおける注意点などもまとめています。現在資金に苦しんでいる人や、老後の資金で悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

リースバックの概要

リースバックとは、不動産の取引形態の一つです。「売却」ではありますが、売却後に買主であるファイナンス会社や不動産会社から賃貸として借りる契約を交わすことで、売却後もそのまま自宅に住み続けられる手法です。売却ですので、所有権自体は持ち主から買主である業者に引き渡されます。つまり、売却後は所有者という立場から貸借人という立場に代わり、自宅に住み続けるようになります。所有権を持つ事業者に賃料を支払うという点は、一般的な賃貸借の契約と変わりません。

リースバックの目的

目的①資金難で困っている

昨今の経済状況の悪化により、リストラにあったり、給与カットされたりする人は少なくありません。そんな中で、病気や介護により資金を必要として資金難に陥ってしまい、住宅ローンの支払いが滞っている人もいるでしょう。あるいは家計が回らなくなり生活が苦しくなった人もいるでしょう。そうした時には、一般的には自宅の売却を検討するのではないでしょうか。しかし、一般的な売却であれば転居は避けられないことであり、それによるストレスを抱えたり、通勤や通学が不便になってしまったりするでしょう。そこで、リースバックをすれば、生活環境や住環境を変えずに自宅を売却し資金を得られるため、「資金難だが自宅に住み続けたい」という人に適した不動産取引形態なのです。

目的②老後資金を確保したい

リースバックは、老後資金の確保のために利用されることもあります。高齢になった人にとっては、転居先を見つけることやそもそも引っ越すことは肉体的にも精神的にも容易ではありません。リースバックをすれば、売却後は家賃がかかってしまうとはいえまとまった資金が得られ、かつそのまま住み続けられます。そのため、老後のマネープランの一つとして高齢者の方に多く利用されている取引形態です。

目的③相続対策

リースバックは、老後資金確保のみではなく、相続対策としても活用されています。不動産は、分割しにくく、換価するのにも時間がかかってしまう資産だと言えます。しかしリースバックであれば、相続人同士でもめ事になりにくい現金という形で相続できます。かつ、相続時には、不動産は残らないため、病気になったタイミングで不動産を手放す際にリースバックが利用されることが多くあります。

リースバック時に想定されるトラブルと対処法

①家賃未払いの問題

リースバック後は、賃貸として自宅に住み続けることになるため、賃貸契約を事業者とかわします。しかし、リースバックの場合賃料がそのエリアの相場より高くなることが多く、賃貸期間が長くなればなるほどその負担は大きくなります。賃貸中に家賃の引き上げを求められることもあり、賃料が支払えなくなれば、退去は避けられないでしょう。

そのため、事前に「収入、支出、売値、賃料から将来の資金シミュレーション」を必ず行いましょう。自宅に住み続けたい、まとまった資金が欲しい、というような願望のみだけではなく、契約前には上記のシミュレーションを行い、計画的な行動を心がけましょう。加えて、正当な理由がなく家賃が値上げされないよう、信頼できる業者の選定にも努めましょう。

②退去を要求される

リースバック契約後には、意図しないタイミングで退去を求められてトラブルに発展するケースが散見されます。売却価格は相場よりも低く、賃料は相場より高くなる傾向のリースバックにおいて、自宅に住み続けられるという利点が損なわれてしまえば、何の意味もなくなるでしょう。

こうしたトラブル回避のために、賃貸借契約書を細かくチェックするようにしましょう。希望する期間住み続けられるかは賃貸借契約書の内容次第です。とくに賃貸契約が定期借家契約の場合だと、希望する契約期間であるか確認する必要があります。普通借家契約の場合であれば、原則事業者は退去をお願いされることはあっても退去させられません。賃貸である以上、家主(事業者)の都合により住み続けることが難しくなる可能性があることは念頭に置いておいた方がいいでしょう。

③買戻しができない

リースバックの契約では、原則将来的な買戻しができる契約になっています。しかし、確実に買い戻せるというわけではなく、事業者が勝手に転売してしまったり、承諾してもらえなかったりして買い戻せないケースも多々あります。

リースバック後の不動産を買い戻すためには、契約書の内容と資金面の両方の問題をクリアする必要があります。契約面に関しては、リースバック契約時に買戻しの時期や金額が明記されているか確認しておきましょう。資金面に関しては、基本的に買戻し金額は売却価格の1.3倍ほどかかります。家賃を支払いながらもそうした資金を用意しなければ、買戻しが難しいです。リースバックの契約を交わした当初から買戻しを見据えて資金を用意しておくことも求められます。

富山県の不動産情報

不動産売却動向

富山県の不動産の売却価格に関しては、マンションと一戸建ての両方とも上昇しています。取引数に関しては、マンションは増加傾向にあり、今後もこの傾向は続くかもしれません。この流れに乗り、リースバックを検討している人は今から行動に移してみましょう。

マンションの売却動向

  • 今半期の売却価格:1,948万円
  • 前半期の売却価格:1,386万円

一戸建ての売却動向

  • 今半期の売却価格:2,397万円
  • 前半期の売却価格:1,883万円

富山県の人口推移から予想できる今後の不動産情報

2020年時点で、富山県の人口は1,034,814人です。しかし、それ以降は減少すると予想され、2025年の推定総人口は996,442人、2030年の推定総人口は945,745人と予想されています。人口が減少するということは、その分不動産需要が落ち込むことになるため、不動産価格も減少します。そのため、売却価格が下がる前に今のうちにリースバックを検討しましょう。

富山県でリースバックする際に注意すべき点

富山県でリースバックする際に注意すべきことは、「信頼できる業者かどうかの選定」です。リースバックという取引形態は、近年急速に普及した取引形態であるため、地方都市の富山県ではまだまだ普及が進んでいない部分もあります。そこで、実績のない不動産会社を選んでリースバック契約を交わすと、思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性が大いにあります。そのため、まずはリースバックについて実績のある不動産会社であるかどうかを確認し、さらに魅力的なリースバックプランを提供してくれるかを大事にして、選定してください。

富山県の基本情報

・        基本データ

  • 人口:1,034,804人(2020年時点)
  • 面積:4,247km²(東西約90km、南北約76km)
  • 県庁所在地:富山市
  • 隣接都道府県:新潟県、長野県、岐阜県、石川県
  • 所属:中部地方、北陸地方
  • 市町村数:15市町村

特徴・魅力

富山県は、中部地方(北陸地方)に位置する都道府県で、本州の中央北部にあります。三方を大きな山に囲まれており、深い湾を描くように平野が広がり、まとまった形の地形をしている点が特徴的です。古くからアジアや朝鮮半島との交流が深く、環日本海地域の中央拠点としてさまざまな取り組みを行っています。

富山県は、3,000mクラスの山々に囲まれており、高低差4,000mもの変化に富んだ地形をしています。こうした山や海の美しい自然環境に恵まれ、四季折々の姿が見られる点も魅力的です。富山県内には年間を通して豊かな水が流れ込んでおり、水力発電や各種の用水に利用され、暮らしや産業を支える重要な資源です。

富山県は全国で2番目の持ち家率を誇ります。1住宅当たりの面積も非常に広く、恵まれた住環境を誇っています。道路の整備が行き届いていたり、自然災害や火災発生数が少なかったりなど、非常に住みよい環境が整っています。近年では、富山市内でコンパクトシティ化の動きが進んでおり、さらに住みやすいまちづくりが進んでいます。コンパクトシティの先進的な土地として、今後も注目されることでしょう。また、子育て支援策が充実しており、それにより女性の就業率が高く、共働き世帯も多い点が特徴的です。これが家計の豊かさに繋がり、勤労者世帯の収入が全国トップレベルになっています。コンパクトシティ化や支援制度の充実度から、近年は県外からの移住者が増加しています。

富山県は、教育や文化面で非常に魅力的な町であると言えます。富山県では、次世代を担う子供たちに向けて個性的、かつ創造性を育む教育を施しています。高等教育機関の充実を図っており、ふるさとの歴史や文化を伝える教育、文化芸術に触れる機会の多い教育に励んでいます。

2022年には、富山県高岡市の勝興寺が国宝に指定されました。近世高岡の文化遺産群に関する取り組みにも積極的で、今後も文化、歴史的価値の高い都道府県になると考えられます。

富山県には、質の高い労働力や産業基盤、豊富な自然の恵みなど、将来性の高い要素が多く詰まっています。近年は北陸新幹線の開業を機に企業進出も増え、全国でトップクラスの医薬品産業のさらなる発展が期待されます。今後も「ものづくりの県」としての期待が高まります。

まとめ

この記事のまとめ

  • リースバックは資金を集めたい人や老後の暮らしが心配な人にオススメ
  • 富山県における不動産売却価格は前半期に比べて増大しており、今のうちに売却をオススメ
  • 富山県は北陸地方の中心的な県であり、今後も【ものづくりの県としての期待が高まる

富山県のリースバックに関する情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

本文中でも記載しましたが、富山県でリースバックする際には、実績のある不動産会社を選び、できるだけトラブルのないように努めましょう。とはいえ、現在富山県の不動産売却価格は伸びているため、今のうちに売却に向けて動いてみるのもいいかもしれません。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

参考

https://www.home4u.jp/sell/toyama

https://www.pref.toyama.jp/111005/kensei/kenseiunei/kensei/top/information.html

この記事をシェアする

Category

Tags

この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

人気記事

現在投稿はありません。